ストレッチレッスン その2:股関節とお尻

今回は股関節とお尻のストレッチです。


「股関節は別に痛くないし、お尻も別に痛くないからな」


と思った方も多いと思いますが、ここをしっかり緩めると
腸腰筋の張りが取れ、骨盤の動きがよくなるので、
腰痛予防にはとても効果的です。


また、股関節が硬いということは、骨盤の動きが悪いということ
にも繋がるので、生理痛や生理不順でお困りの方にも有効です。


むくみ、足のだるさに悩む方にもオススメのストレッチです。


股関節はそれくらい重要な場所です。


1.まず、お姉さん座りをします。
スライド1

2.その状態で、上にある足(外側の足)をそのまままっすぐ真後ろに引きます。
スライド2

3.手を床につけたまま、体をまっすぐに起こします。
スライド3

横から見るとこんな感じです。
スライド4

ストレッチされる場所は、まっすぐ足を後ろに引いている方の股関節側と
足を曲げている方のお尻です。


この体勢を作るのが難しい方も中にはいらっしゃると思います。
「どうやったらいいの?」とか「どこがストレッチされるの?」
など、わからない方もいらっしゃると思います。


多少フォームが悪くても、ご自身の中で、
「あぁ、これ気持ちいい!」とか「ここがよく伸びる!」
などの実感が得られれば、それで構わないと思います。


もちろん、それでは正しい部分がストレッチされない可能性がありますが、
それよりもストレッチはやっていて「気持ちがいい!」、「ストレッチされてる!」
と感じていただくことの方が重要だと思います。


詳しいやり方を知りたければ、当院に来ていただいても結構ですし、
スポーツジムのインストラクターの方に聞いていただいても結構ですし、
やりようはいくらでもあります。


ストレッチはまずは実感することです。そして継続することです。


次回はこのストレッチに少しアレンジしたやり方をお伝えします。

痛みやしびれはどうして起こるの?

多くの方々から聞かれるので、「痛みやしびれはどうして起こるのか?」
ということを簡単にご説明したいと思います。


頚椎(首の骨)は全部で7つあります。


そして、その骨と骨の間から神経が出ていて、それが全身に伸びています。
また、骨の中には血管が走っています。(黄色が神経、赤が血管です)
写真-19

そのため、頚椎が何らかの理由でズレてしまうと、この神経や血管を
圧迫したり、引っ張ったりしてしまいます。


神経や血管が圧迫されてしまうと、その先にある筋肉に命令や栄養が行かない
状態になります。そうすると、筋肉は「硬くなる」という性質があるため、
筋肉が凝ってしまいます。


ずっと同じ姿勢でいると血行不良でコリが生じますが、このズレによる筋肉の硬直が
同じ姿勢で生じる血行不良以外の「コリ」の原因です。


つまり、これは「神経的な筋肉のコリ」ということです。
血行不良の場合は「筋肉的なコリ」と言えます。


実際、こうしたズレを取ると、それだけで筋肉は緩みます。
その解剖学的な理由はこちらの画像を見ていただけるとわかると思います。
黄色い線が神経を表していますが、首から肩のところにかけて無数に神経が
あるのがわかるかと思います。(クリックすると画像が大きくなります)
vb_screenshot
そのため、首がズレてこれらの神経や血管を圧迫してしまうと肩が凝るという
症状が現れやすくなるのです。


また、背中の方(肩甲骨の脇)にも黄色い線が伸びているのがわかるでしょうか?
この神経も同じように圧迫されてしまうため、肩甲骨の脇(背中)が張ったり、
凝ったりしてきてしまうのです。
もちろん、首のズレによって背骨がズレることでも起こりますが。


なお、ズレた骨が神経に直接触れてしまうような場合は、痛み方として
「ズキッ」
「ピキン」
といった鋭い痛みが出ることが特徴です。



しびれもやはり神経や血管の圧迫から生じますが、しびれにもいくつか種類があり、
「ビリビリ」
「ジリジリ」
するようなしびれは、神経が直接触れてしまうことで起きる症状になります。


また、
「ジワ〜ン」
「ボワ〜ン」
とするようなしびれの場合は、ズレた骨が神経や血管を圧迫し、それによって
筋肉が硬くなり、その筋肉に圧迫されて出ているタイプのしびれになります。


このような稚拙な説明でご理解いただけたでしょうか??


痛みや辛さには必ず原因があります。


原因があれば解決方法がみつかりやすくなります。


痛みや辛さでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
皆様のお役に立てることが何よりの喜びです。

夏の冷えが秋冬の冷えに繋がります・・・

連日、猛暑続きで皆さん、夏バテしていませんか?


こうも暑いとついつい冷たいものを摂ってしまいますよね?
そして昼も夜もクーラーの効いた涼しい室内で過ごしてしまいますよね?


しかし、あまり冷たいものを摂り過ぎるとお腹が冷えてしまいますし、
クーラーの当たり過ぎは体の芯から冷やしてしまいます。


そして、この時期の冷えが秋冬の冷えに繋がるのです・・・


「冷えは万病の元」と言われるぐらい、女性に限らず男性にとっても大敵です。


冷えないようにすることはほかの病気にもなりにくくなることですので、
この時期と言えども、冷え対策はとても重要です。



ということで、次回より、夏ですが冷え性対策を何回かに分けて
ブログでご紹介していきたいと思います。


こうも暑いとなかなか聞く耳を持っていただけないかもしれませんが、
根気よくご説明していきたいと思います。