改善症例 その8:坐骨神経の圧迫による膝の痛み

性別:女性
年代:50代
主訴:左太もも裏から膝にかけての痛みと筋肉がつってしまう


よく来られる患者さんで、いつも左首から肩にかけて痛みが出る方
なのですが、1ヶ月も空いたせいか、今回は珍しく、左太もも裏から
左膝にかけて痛みがあり、左太もも裏がつってしまうとのことでした。


さらに、左膝は仰向けで伸ばすのも痛いとのことでした。
そしていつも通り、また左首が痛くなってしまったとのこと。


この方はいつも首の左の2番(上から2番目の骨)と3番がズレて
います。2番の骨は頭を支える土台になるのですが、ここがズレる
と、顔は下方を向きやすくなります。


そのため、この方の場合は顔が自然と右下方に向きやすい状態なので、
それを補うために左腰をひねってカラダをまっすぐにしようと無意識
のうちにしているのだと思います。


その証拠に、骨盤の傾きは左を向いていました。
これは左腰椎にズレがあるということです。


それによって坐骨神経が圧迫され、坐骨神経に沿って筋肉の張りと
痛みが出ていると思われました。
vb_screenshot-1
*図中の黄色い線が坐骨神経です


左膝も触ってみると、たしかにお皿の動きは悪いところがありましたが、
それよりも膝裏の方が硬くなっており、坐骨神経に連動していると推測
されましたので、まずは首のズレを取り、骨盤の傾きを整えてから、
腰、お尻、太もも裏、膝裏の順番で施術していくことにしました。


そうすると、やはり左腰椎のズレがありました。
お尻も、太ももも坐骨神経に沿ったところが痛かった、とのことでした。


それらを緩め、太もも裏の筋肉が付着している膝裏も緩めていくと
膝の痛みも、太ももの痛みもかなり軽減され、違和感もなくなりました。


膝が痛いときはどうしても膝だけを見てしまいがちですが、
その他の症状やその方の痛みの出方についてお話しを伺うと、
違った側面が見えてくることがあります。


今回の例は、まさにそういったことを改めて教えていただいた
気がします。


「木を見て森を見ず」ということにならないように、患者さんの
訴えによく耳を傾け、これまでの概念に捕われずに患部に対して
アプローチしていきたいと思います。


いい経験をさせていただきました。日々勉強ですね。

改善症例 その7:ゴルフによる股関節の痛み

性別:女性
年代:20代
主訴:1年前からゴルフをやり始めたが、最近よく練習に行っていて、
この2〜3週間くらい右の股関節が痛い


ゴルフをやっている方で股関節を痛める方は多いです。


その原因にはアドレスやスイングのフォームによる影響もありますが、
骨格のバランスの問題もあります。


右利きの方の場合、打った時にねじれる左側の股関節に痛みが出る
こともありますし、フォローの時にねじれる右側を痛めることも
あります。


いずれの場合も骨盤がズレ、腸腰筋という股関節と背骨を前側で
つなぎ止める筋肉が硬くなってしまっていることが原因となります。
写真-11

実際、腸腰筋を触ってみると、ゴリゴリに硬くなっていました。


そこでまず、腰椎のズレが骨盤を右に傾かせていると考えられた
ので、骨盤をチェックするとやはり右側に傾いていました。


この骨盤の傾きが右側の腸腰筋の緊張を生み、硬くさせているので
腰椎のズレを先に取りました。


その後、硬くなっている腸腰筋をゆっくりと塊を溶かすように
緩めていき、股関節を動かしながら、他にも硬くなっている部位を
探して、さらに緩めていきました。


硬くなっているのは腸腰筋ばかりではありません。
たいていの場合、お尻とお尻の側面も張っていることが多いです。


そのため、お尻の筋肉(大臀筋、中臀筋、小臀筋)も同時に緩めて
いく必要性があります。
写真-24

骨盤の傾きを整え、腸腰筋を緩め、お尻の筋肉も緩め、
股関節を動かす施術すると、痛みのあった右側の股関節痛は取れ、
違和感もなくなりました。


こうした骨盤の傾きによる腸腰筋、お尻の筋肉の硬さの大元は
頚椎のズレからきます。


頚椎がズレ、背骨がズレ、骨盤が傾く。


そのため、そのズレもしっかり取り、背中、足の筋肉も緩めて
いくとカラダはかなり楽になります。


股関節や腸腰筋を緩めるストレッチをお伝えし、日々のセルフケア
もやっていただくようにお話ししました。


ゴルフをやっている人に限らず、股関節が痛い方の多くは、
頚椎のズレからくる骨盤の傾きが原因です。


心当たりのある方はぜひ一度ご相談ください。

てんさい糖は血糖値を上げにくい?

前回の続きと言いますか、補足です。

あるサイトでは「甜菜糖は多糖類だから血糖値を上げにくい」と
記載されているものがあります。
tensaito700-trans

これを見た方は「てんさい糖は血糖値を上げにくいんだ!
だからたくさん摂っても太らないんだ!」って思うと思います。

でも、これは本当でしょうか?

甜菜糖の主成分(約85%以上)は白砂糖と同じ「ショ糖」です。
つまり、単糖類であるブドウ糖と果糖が結合した二糖類です。
黒糖も同様です。

では、なぜ「てんさい糖は多糖類だ」と記載されていたのでしょうか?

それはおそらく、甜菜糖にはわずかながらオリゴ糖(ラフィノース、
ケストース)が含まれており、それを多糖類と勘違いして記載された
ものが、孫引き、孫引きでどんどんコピー&ペーストされたからだ
と思います。

オリゴ糖は三糖類なので多糖類ではありません。多糖類はデンプンや
セルロースといったブドウ糖などの単糖類が数十から数千個繋がった
ものなので、てんさい糖が多糖類ということはあり得ません。

また、血糖値を上げるスピードの指標として「GI値」というものが
あります。白砂糖が109、黒糖が99、甜菜糖は65と言われて
いますが、これも信憑性が低いと思います。

なぜなら黒糖の主成分のショ糖は約90%、甜菜糖は85%。
これで果たしてGI値に上記のような差が出るとはとても思えません。

だって、わずか「5%」の差ですよ。それでGI値が「34」も低い
とは考えにくいです。

百歩譲って、ショ糖以外の成分によってGI値が下がることがあった
としても、ここまでの差は起こりにくいと思います。

実際のところ、黒糖の方がミネラル成分は圧倒的に多いですし。

てんさい糖はたしかにクセもなく、ミネラルも含まれていますし、
料理にも使いやすく、白砂糖と比べて健康にもいいので、
体質改善、ダイエットにもオススメの砂糖なので、我が家でも使って
いますが、やっぱり砂糖であることには変わりません。

なので、結局、てんさい糖も摂り過ぎれば太ります。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。

ネットに氾濫する間違った情報に踊らされないようにしましょう。
と言っても、その見極めがとても難しいんですけどね(笑)。

当院では施術しながら、こうしたお話しをするように心がけています。
もちろん、興味を持っていただいた方にだけではありますが・・・