目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

交通事故から十数年経った後の首痛や頭痛

交通事故から、たとえ十数年経っても「頚椎症」(正確には「外傷性頚部症候群」と言います)は生じます。

 

 

頚椎症の場合、「首痛」以外にも「頭痛」、「肩コリ」、「しびれ」、「腰痛」など様々な症状が現れます。

 

 

交通事故直後ではないので、「交通事故の影響ではないのではないか?」と思われるかもしれませんが、事故直後でなくても交通事故の影響は後年になっても現れてきます。

 

 

 

それは事故でズレた「首」の骨は、ズレたままだからです。

 

 

それに加えて、年齢とともに筋肉の水分が失われて筋肉が硬くなるからです。

 

 

筋肉が硬くなると筋肉で動かされる関節も硬くなります。

 

 

一般的には関節が硬くなるのは、「関節自体に問題があるから」と思われていますが、実はそうではなく、関節を動かす「筋肉が硬くなるから関節も硬くなる」のです。

 

 

また、関節が硬くなるということは、関節を支える「靭帯も硬くなる」ということです。

 

 

こうした「加齢」による影響や日常生活の生活習慣が相まり、人は皆、年齢とともに不調を来たしやすくなるワケですが、交通事故に遭われた方はその影響がさらに強く出る傾向があります。

 

 

交通事故に遭われた方は、若い頃は筋肉にも関節にも柔軟性があるので(体に水分が多いので)、あまり影響が出ないのですが、加齢によって筋肉や関節が硬くなってくると(体の水分が少なくなるので)、今まで隠れていたものが浮かび上がるように、事故の影響が出やすくなってきてしまうのです。

 

 

交通事故の影響が出るのは「首」

十数年前であっても、事故の影響が最も出るのがやはり「首」です。

 

 

 

交通事故のような大きな衝撃の場合は、頚椎の上から2番目(C2)の骨がズレてしまうケースが多くみられます。

 

*赤枠が頚椎2番(C2)です

 

 

この2番目の頚椎は、日常生活でズレることはほとんどなく、交通事故以外にも頭をぶつけたり、スポーツなどで頭を打つようなケガをしたり、などの大きな衝撃を受けなければズレることはありません。

 

 

この2番目は、1番目と同じく頭を支える「土台」なので、ここがズレてしまうと首に留まらず、全身への影響もとても大きく、辛いものになります。

 

 

特に首の場合は、上下を向くのが辛かったり、あるいは首の位置によって痛みやしびれが生じるなど、日常生活で困る場面もしばしば出てきてしまいます。

 

 

事故直後に限らず、幼少期の頃の事故も含め、交通事故による影響は後々にも現れて来るので本当に厄介です。

 

 

交通事故の影響で現れる「頭痛」

交通事故の影響でよく出る症状は、「首痛」が一番多いですが、「頭痛」で悩まされる方もかなり多くいらっしゃいます。

 

 

 

頭痛が出る場所は人によって様々で、後頭部あたりに出る方もいれば、こめかみあたりに出る方もいらっしゃいます。

 

 

その症状も「ズキズキ」だったり、「重く痛い」だったり、「脈拍に合わせて痛くなる」だったり、と様々です。

 

 

ただ、共通していることもあり、それは「頭皮が硬い」ということです。

 

 

頚椎から出ている神経、血管は、頭部にも張り巡らされていますので、頚椎がズレると神経、血管が圧迫されることになるため、首や肩はもちろんのこと「頭皮も硬くなってしまう」のです。

 

*黄色が神経、赤が動脈、青が静脈

 

 

ただ単に「頭皮が硬い」ということではなく、「頚椎のズレによって頭皮が硬い」ことが、頭痛発症には大きく関わっています。

 

 

 

交通事故を経験された方は「首のズレ」が戻りやすい

交通事故を経験した方の首のズレは、交通事故を経験してない方と比べて、残念ながら頚椎の矯正をしてもすぐに戻ってしまうという特徴があります。

 

 

それは、そのくらい事故による物理的な外的衝撃が大きく、「通常ではズレないところがズレてしまった影響」ということを示しています。

 

 

そのため、施術初期の頃は1週間に1回くらいのペースで間隔を詰めて施術をし、その後徐々にその間隔を空けていくというスケジュールが、交通事故による首痛、頭痛、肩コリなどの症状改善に有効です。

 

 

これまでの経験上、交通事故後の首痛や頭痛は、きちんと定期的に頚椎の矯正をしていけば、湿布を貼ったり、頭痛薬を飲んだりしなくても大丈夫な状態にまで改善されます。

 

 

ただし、そこに到達するまでに要する期間は、個人差が大きいという印象があります。

 

 

それはおそらく、事故の規模や事故時の首への影響の大小に関わっているのではないかと推測しています。

 

 

具体的な交通事故後の頚椎症の改善症例についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

寝違えからくる頭痛と首、肩の張り

歩行時の股関節の痛み

ふくらはぎや太もも裏の肉離れ

起床時や座位から立ち上がるのも辛い坐骨神経痛

前かがみができない腰痛

指を曲げると戻らないバネ指

ヘルニアの後遺症による足のしびれ