起床時や座位から立ち上がるのも辛い坐骨神経痛



年代:60代
性別:女性
主訴:右足坐骨神経痛で朝起き上がったり、
座っている状態から立つのが辛く、痛い




60代の女性の方ですが、以前より腰が悪く、
たまに坐骨神経痛が出るとのことでした。


まず、首からチェックすると、かなりのズレが
あり、骨盤は右に傾いている状態でした。


骨盤が右に傾いているため、右の坐骨神経が圧
迫されやすい状態であったと思われます。


こういう状態のような、ズレた骨が神経に触れ
たり、圧迫したりしている状態の時は、いくら
マッサージしてもなかなか取れません。


先にズレを取って、それから硬くなった筋肉を
緩めていく必要性があります。


そこでまず、頚椎、腰椎(骨盤)のズレを戻
し、神経の圧迫を取り除きました。


この状態で硬くなった筋肉を坐骨神経に沿って
緩めていくのですが、腰部、臀部、仙骨周辺、
右足を緩めていっても、まだ仙骨部分は神経に
触れたような痛みがある様子でした。


そこで、再度腰椎を確認すると、一カ所、腰椎
が後ろにズレている箇所が確認できたため、そ
の場所を矯正し、ズレを戻してみたところ、先
ほどと同じ仙骨部を触っても痛みを感じなくな
りました。


おそらく、腰椎の後ろへのズレが坐骨神経を
引っ張り、神経の過興奮状態を生んでいたも
のと思われます。


その後、また坐骨神経に沿って張っていた筋
肉を緩めてから、再度痛みの状態を確認して
いただいたところ、座っている状態から立ち
上がるのも、身体を動かした時に感じる痛み
もなくなり、動けるようになりました。


この方の場合は、坐骨神経痛が出てから間も
なかったため、一回の施術で痛みを改善する
ことができました。


坐骨神経痛は首がズレ、骨盤がズレて坐骨神
経を引っ張ったり、圧迫したりすることで生
じます。


坐骨神経痛の改善には、頚椎の矯正と腰椎の
矯正が欠かせません。


坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談
ください。



寝違えからくる頭痛と首、肩の張り
歩行時の股関節の痛み
ふくらはぎや太もも裏の肉離れ
前かがみができない腰痛
指を曲げると戻らないバネ指
ヘルニアの後遺症による足のしびれ
交通事故から十数年経った後の頚椎症