目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

枕をよく替える方は◯◯に問題があります!

こんにちは。品川区目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

皆さんは枕をよく替えますか?

 

 

 

 

寝具の老舗大手メーカーの「東京西川」で、500人以上の方から取ったアンケートによりますと、およそ半数近くの方が「枕が合ってない」あるいは「合ってない気がする」と答えたそうです(20〜40代男女、510名から回答)。

 

 

(東京西川のHPより画像引用)

 

 

実は「枕が合わない」、「枕をよく替える」という方には共通した特徴があります。

 

 

それは一体なんでしょうか?

 

 

「枕が合わない」、「よく替える」という方に共通した特徴とは?

「枕が合わない」、「枕をよく替える」という方に共通した特徴は、「首が悪いこと」です。

 

 

 

 

理想的な寝姿は、壁に「頭」と「お尻」と「かかと」を付けて直立した時の姿勢をそのまま横にした体勢と言われています(立位だと筋肉が緊張しているので、横になった時とは違うという意見もあります)。

 

 

 

(快眠タイムズより画像引用)

 

 

正常な首の方の場合は、ベッド上でこのような体勢を取ることができますが、首が悪い方の場合(とても抽象的な表現にしています)は、この体勢では苦しくて枕を高くしないと辛かったり、反対に枕をすると辛かったりしてしまいます。

 

 

枕を高くしないと寝られない方の場合は、頚椎の上部にズレがあることが多く、そのため「上を向く」という姿勢が辛いので、自然と枕を高くして「顔が前に出る」ような姿勢の方が楽なため、無意識にこのような姿勢を取ろうとします。

 

 

これが「枕を高くしないと寝られない」という理由です。

 

 

(快眠タイムズより画像引用)

 

 

反対に、「枕があると不快」という方は頚椎の下部にズレがあることが多く、そのため「下を向く」という姿勢が辛いので、自然と枕を低くするか、あるいは枕をしないで寝る方が楽ということになります。

 

 

(快眠タイムズより画像引用)

 

 

このように、枕の高さが高くないとダメだったり、反対に低くないとダメだったりする方は、いずれにしても「首の状態が良くない」ということが言えます。

 

 

首の状態が悪い理由とは?

それでは、首の状態が良くない理由は一体なんでしょうか?

 

 

実は、首の状態が悪い理由は人それぞれで、千差万別なので一概に「これが原因です!」とは言えないところがあります。

 

 

 

 

枕が合う合わないに関わらず、交通事故に遭ったことがあったり、頭をぶつけたり、高いところから落ちてしまったことがあったり、スポーツで痛めてしまったことがあったり、というような方は間違いなく首が悪い状態なので、首痛、首コリ、肩コリ、頭痛、腰痛などに悩まされていることが多いです。

 

 

 

 

交通事故で鞭打ちになった方や首を痛めるようなケガを経験したことのある方は、上を向くのが辛かったり、下を向くのが辛かったりするようなことが多く、「どんな枕を試してもなかなかいい枕に出会わない」という方が少なくありません。

 

 

また、パソコンやスマホのやり過ぎで頚椎の弯曲が失われてしまった「ストレートネック」の方も、首の状態が悪く、枕の高さで悩む方が多いです。

 

 

 

 

例えば、ストレートネックの方が少し高い枕を使用すると、上述の「枕を高くして寝る方」の例でご説明したように、ただでさえストレートネックになってしまう体勢になってしまうので、寝ている間中、ストレートネックの状態がキープされたままになってしまいます。

 

 

 

 

さらに、そのような状態は、自然と歯が噛み合ってしまうため、寝ている間中ずっと食いしばっていることになってしまいます。

*食いしばりの原因はこれだけではありません

 

 

 

 

ストレートネックの方が高い枕を使用していると、寝ている間中、必要以上に食いしばってしまうので、朝起きた時に首や肩が凝っていたり、歯が痛かったりということが起きてしまいます。

 

 

さらに、ストレートネックの方の場合、背中が丸まって猫背になり、背骨のS字カーブが失われているため、腰痛にもなりやすく、高い枕だと腰痛が助長されてしまう可能性があります。

 

 

 

 

このように、首の状態が悪い方は、ただでさえ首コリや肩コリなどの体の不調を来しているのに加えて、首の状態の悪さが枕の高さに影響されてしまうため、朝起きた時の体への負担が生じやすくなってしまいます。

 

 

理想的な枕の高さとは?

それでは、理想的な枕の高さはどのくらいの高さなのでしょうか?

 

 

 

 

通常、枕の高さは鼻から息を吸った時に、空気が一番入る高さが理想で、その高さは個人差があるものの、概ね5cm〜7cmくらいです。

*自分に合った枕の高さを知るやり方はコチラ

 

 

「枕の高さが合わない」という方は、もしかしたらご自分の最適な高さよりも高かったり、反対に低かったりすることでお悩みになっている可能性が考えられますので、枕の高さは「5cm〜7cm」を基準にご自分で寝ている時に鼻から一番空気が入りやすい、楽な高さに調整していただければと思います。

 

 

どうすれば合う枕が見つかるのか?

とは言え、高い枕でないと寝られない方は5cm〜7cmの高さの枕では結局合わず、また枕を探す旅に出なくてはいけなくなってしまいます。

 

 

では、一体どうすれば合う枕が見つかるようになるのでしょうか?

 

 

それは、原因となっている「首を治す」ことが何よりも大事です。

 

 

 

 

首の状態を良くし、その状態に合った枕を使うことで、良い眠りが得られることになるからです。

 

 

「じゃあ、また枕を買わないといけないの??」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、首の状態を良い状態にすることで、改めて購入しなくても、もしかしたら今までお使いの枕がフィットする可能性もあります。

 

 

 

 

長年枕が合わないとお悩みの方は、もしかしたら首にその原因があるのかもしれません。

 

 

まずは首の状態を良くすることから始めてみましょう。

 

 

お心当たりのある方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

◉当院のご案内◉

首コリ、痛み、しびれなら

品川区目黒駅前(目黒西口)「薬剤師の整体院YAJIMA」

品川区上大崎2-24-13目黒西口マンション1号館401

【平日】11:00-21:00(最終受付20:00)

【土曜】11:00-19:30(最終受付18:30)

【休診日】日曜・祝日・第1月曜

*JR山手線目黒駅から徒歩1分、東急目黒線目黒駅から徒歩2分

*品川区、目黒区、世田谷区など幅広いエリアからご来院いただいております

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

24時間WEB予約はコチラ

24時間LINE予約はコチラ

 

●当院は予約制ですが、電話受付もしております。

TEL:03-6431-8370

*お電話に出れない時は留守電に「お名前」、「予約ご希望日時」、「お電話番号」をお伝えください

 

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ

 

 

コメントを残す