「首」から正す整体、「首」から治す整体

首がすべての原因
首が

当院の整体は、「頚椎(首の骨)のズレがすべての不調の元凶」という理論をベースにした
「首から正し、首から治す」治療系の整体
です。


辛さの原因
重力は上から下にかかるため、何らかの原因で首がズレると、そのバランスを取ろうとして背骨がズレ、さらに骨盤がズレてしまいます。


このように、首がズレると身体のバランスの崩れやねじれが生じ、さらにズレた骨が神経や血管を圧迫したり、神経に直接触れてしまうことによって筋肉が硬くなり、痛みやしびれが生じてしまいます。これが痛み、辛さの原因です。


そのため、当院では首、背骨、骨盤のズレを取り、その影響で生じた筋肉や神経的な張りをしっかり緩めていきます。


もっと詳しく知りたい方はコチラ
       ↓
「あなたの首は大丈夫ですか?」

頚椎矯正のやり方についてはコチラ
       ↓
「一般的な頚椎矯正法とは違います」


頚椎がズレると


頚椎がズレると 頚椎は全部で7つの骨から成ります。


その骨と骨の間から神経が出ており、中には血管が通っているという構造をしています。この頚椎がズレて神経や血管が圧迫されると、筋肉に神経からの命令や血管からの栄養が行きにくくなります。


そうすると筋肉は「硬くなる」という性質があり、それが「コリ」という現象として現れてくるのです。しかもこれは「神経的なコリ」のため、揉んだり、温めたりしてもなかなか取ることができません


多くの方は、このような「神経的なコリ」と揉んだり温めたりすると改善できる、いわゆる「血行不良型のコリ」の2つがミックスしていることが多いです。


詳しくはコチラのブログをご覧ください
   ↓
「肩コリの真実」



●頚椎がズレると生じる上半身の主な症状

頚椎がズレると生じる上半身の主な症状としては、肩コリ以外には「肩甲骨の脇の痛みや張り」「腕が挙りにくい」というような症状から、ズレた骨が神経に直接触れてしまうような場合には「腕や指先の痛みやしびれ」が現れてしまいます。


また、頭部にも神経や血管が張り巡らされていますので、頭部にも影響が及んで頭皮が硬くなったり、耳周りが硬くなったりすることで「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」といった症状まで現れてきます。


こうした神経圧迫によって生じる症状は、多くの場合「頚椎症」と呼ばれます。「頚椎症」を含めた様々な症状は、頚椎の矯正をして神経の圧迫から解放し、硬くなってしまった筋肉をしっかり緩める施術が効果的です。

dfe18514d2e9950a0186f1a7c13084041

●腰椎がズレると生じる下半身の主な症状

下半身の場合は「腰椎」が重要な役割を果たします。腰椎は5つの骨から構成されており、腰椎も頚椎のところでの説明と同じように腰椎がズレて神経や血管が圧迫されてしまうと、筋肉が硬くなり「腰痛」が起きてしまいます。さらに、ズレた腰椎が神経に直接触れてしまうと「足や臀部の痛みやしびれ」といった、いわゆる「坐骨神経痛」が生じます。


また、腰椎がズレるということは「骨盤」もズレるということなので、それによって「股関節痛」「膝痛」といった症状も現れやすくなります。
腰椎がズレると出る症状
このように、「頚椎がズレる」と「背骨がズレ」て「腰椎(骨盤)もズレる」ため、全身的な痛みや不調が起きやすくなります。こうした症状の緩和には、「矯正」をして神経の圧迫を取り除き、硬くなった筋肉をしっかりと緩めるケアが必要になってくるワケです。


もっと詳しく知りたい方はコチラ
       ↓
「どうして骨格矯正が必要なの?」


ズレを取って
当院の整体は「首から正し、首から治す」整体です。「首がズレると、背骨がズレて、骨盤がズレる」という理論です。


でも、ズレを取ったらすべてが解決するかというと、そういう訳ではありません。ズレによって生じたコリや張りを同時に緩めていかないと、なかなか改善されません。でも、ただ単に緩めればいいか?というと、そういう訳でもありません。


「ここがこうなっているから、この張りが出ているんだろう」とか「この痛みはこのズレが原因になっているのだろう」とか、「何が原因になっていて、どうなっているのか?」ということをしっかり分析して、きちんと意図を持って緩めないと、筋肉はなかなか思うようには緩んでくれません。


●ほぐすのではなく、「緩める」

「ほぐす」のも、「緩める」のも、どちらも同じような意味合いで使われますが、私の中では全く別物として捉えています。私は「ほぐす」という言葉は自分の施術に対しては使いません。


あくまでも私見ですが、私の中では「ほぐす」というのは「表面的に」筋肉を柔らかくすることであり、「緩める」というのは「解剖学的な意図を持って」筋肉を緩めること、というように捉えています。それは、神経的な筋肉の張りは「ズレ」を取り、解剖学的にアプローチしないと「緩まない」からです。そのため、私は「緩める」という気持ちで施術しています。


「ほぐす」=「癒し」
「緩める」=「治療」


乱暴に言うと、こういう表現の意味合いとして私の中では捉えていますが、「ズレを取ってしっかり緩める」ことが、痛み、辛さの改善に必要であると考えています。


このような方
当院には、「肩コリ」、「腰痛」、「頭痛」のような三大症状でお悩みの方はもちろんのこと、以下のような症状でお悩みの方もよく来られます。


なお、当院には医師、看護師、薬剤師の方々にも多数お越しいただいており、施術の効果、安全性、信頼性を認めていただいておりますので、ご安心ください


寝違えからくる頭痛と首、肩の張り
歩行時の股関節の痛み
ふくらはぎや太もも裏の肉離れ
起床時や座位から立ち上がるのも辛い坐骨神経痛
前かがみができない腰痛
・じっとしていてもシクシクするような膝の痛み
指を曲げると戻らないバネ指
ヘルニアの後遺症による足のしびれ
・手の指先の感覚が鈍いしびれ
交通事故から十数年経った後の頚椎症



などの症状でお悩みの方に対して実績があります。これらの症状の原因の多くは「首のズレ」が関係しています。心当たりのある方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。


巷には優れた理論や優れた施術方法がたくさんありますので、私のやり方が絶対ではありません。


しかし、骨格、特に「首のズレ」を矯正すると多くの方に改善が認められ、症状の重い人ほど施術前後の違いを実感していただけるというこれまでの経験から、私はこの理論と施術方法に自信を持っております。


もっと詳しく知りたい方はコチラ
    ↓
「首が大事なワケ」