目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

「受け入れる」ということ

生きていると色々なことがありますが、
私が大事にしていてなるべくそうなれる
ようにしていることが「受け入れる」こ
とです。

以前の座右の銘は「明けない夜はない」、
「止まない雨はない」でした。これは
これですごくいい言葉だと思うのです
が、ある意味「じっと耐えれば、やが
て・・・」というような、どちらかと
いうと「受け身」の言葉です。

現在は「全てのことには意味がある」と
いう座右の銘に変わりました。この整体
の道に進むことがきっかけで。

どんな困難や辛いこと、悲しいことが
あっても、それは「これから先の人生
において、何か意味があるから今これ
を経験しているんだ」と思えば、そう
した困難も乗り越えていけることを経
験したからです。そして、本当に後々
そうした経験が役に立つことが多かっ
たからです。

これも「受け入れる」ということだと
思います。

「受け入れる」ということと、「諦め
る」ということは似て非なるものです。
諦めてはその先の発展はありません。
受け入れて前に進むことが大事なこと
です。

なぜ、このようなお話しをしているか
と言いますと、実は私の後輩で以前、
月経随伴性気胸と言いまして、生理の
度に肺に穴が空く、という病気を患っ
ている子がいました。

生理の度に肺に穴が空くため、苦しく
て生活もままならず、また、妊娠を望
んでいましたが、なかなか妊娠もでき
なくても落ち込んでいました。妊娠す
れば生理が来なくなるので気胸にもな
ならないのですが、生理が来ると苦し
い上に「またダメだったか・・・」と
ダブルでショックを受けていました。

そのような時に「自分たちもなかなか子宝
に恵まれなかったけど、『できなかったら
できなかったで、そういう人生を今回は送
りなさい』と言われていると受け入れたら
気持ちが楽になり、その後すぐに妊娠した
よ」など、自分たちの体験談や周りの人の
体験談などを彼女に色々な話しをしました。

また、子宮内膜症も不妊も「冷え」から来
るので冷えないように伝えたり、実家の薬
局で漢方を調合してもらったり、ハーブ
ティーを作って渡したりしました。遠方な
ので施術は数回しかできませんでしたが。

それがきっかけかどうかはわかりませんが、
その後、彼女自身も自分で色々勉強し、本
を読んだりして考え方が変わったおかげか、
無事に第一子を授かることができました。

それからというもの、精力的にコミュニティ
に参加し、幅広い活動を行っています。

そして嬉しいことに、昨年の流産という悲し
い出来事を乗り越え、この度第二子を授かっ
たとの連絡をいただきました。

しかも「病気のことを自分なりに受け入れら
れたことが大きかったかもしれません」と言
ってくれました。そして「健康管理や病気の
治療を人のせいにしない。自分が主体的に関
わって自分のことを守る。これがよく分かっ
たからかもしれません。」との言葉も。

「ココロとカラダは繋がっている」とはよく
言いますし、私自身もそう思っていますが、
今回の話しはまさにそれを体現しているこ
とだと思います。

「受け入れる」ということは簡単なようで
すごく難しいことです。「言うは易し」と
思われるかもしれませんが、「受け入れる
かどうか」は自分次第です。他人に受け入
れさせてもらう訳ではありません。もし他
人の言葉などが影響して「受け入れる」よ
うになったとしても、最終的に「受け入れ
た」のは自分自身です。

つまり、すべては自分の気持ち次第という
ことです。全部が全部、すぐにそういう考
え方になるのは難しいと思うので、まずは
「そう思ってみる」ことからスタートして
みてはいかがでしょうか?否定するよりも
肯定する人生の方が楽しいですからね。