インフルエンザ「治療薬」に期待!

2014年1月9日付けの読売新聞に掲載され
たある記事に俄然注目が集まります。それは今
春に発売予定で、タミフルやリレンザなどの抗
インフルエンザ薬に取って代わる画期的なイン
フルエンザ「治療薬(T-705)」が国策として、
インフルエンザの大流行に備えて備蓄されると
いうニュースです。
t705


これまでのタミフルやリレンザなどの抗インフ
ルエンザ薬は、「治療薬」ではなく、あくまで
もインフルエンザの拡散を抑える「予防薬」と
いう枠組みでした(まだインフルエンザにかか
っていない他の人への感染を防ぐ)。ところが、
今回の新薬はインフルエンザウイルスの増殖を
抑える薬なので、根本的な治療になりうると期
待されています。


以前のブログにもご紹介させていただきました
が、インフルエンザウイルスは「自分自身では
増殖できない」という性質があります。インフ
ルエンザウイルスは動物に感染して、感染した
先の細胞の核内に入り込み、そこで「増殖して
もらう」ことによって感染力を広げていくとい
うタイプのウイルスです。


そして増殖してもらった後は、その感染細胞か
ら離れ、まだ感染していない細胞へと飛び移り、
そこでも増殖してもらった後に次の細胞、次の
細胞へと飛び移って感染を繰り広げていくので
す。その、他の細胞に「飛び移る時」に必要な
のが、「ノイラミニダーゼ」という酵素で、こ
れまでのタミフルやリレンザ、イナビルという
ようなインフルエンザの薬は、この「ノイラミ
ニダーゼ」という酵素の働きを抑え、感染を広
げるのを抑える薬でした。

*詳しくは
インフルエンザって何?その1
インフルエンザって何?その2
をご参照ください。


ところが、今回の薬はインフルエンザウイルス
の増殖そのものを抑える薬
のため、より根本的
な治療薬になりうる可能性があります。しかも、
うれしいことに、この薬が「純国産」の薬であ
るということです。


今年の春にいよいよ市場に出る予定とのことで
すので、非常に楽しみな薬です。もちろん、細
菌やウイルスと人類とはお互い進化し合い、今
日まで生き抜いているので、この薬に対しても
耐性が形成されてしまうことになるかもしれま
せん。それでもこれまでとは違う機序でインフ
ルエンザに対応するという意味では、非常に画
期的な薬です。


今後の治療成績に期待したいです。

コメントを残す