牛乳って危険?

ネットには海千山千、玉石混交の情報が溢れて
いますので、どれが本当でどれが誤った情報か
を判断するのがとても難しい時代になりました。


先日も、牛乳のことでちょっと調べ物をして
いた時に、

「牛乳の中には、牛を早く発育させるために
打った成長ホルモンが入っている」
「牛乳の中には、牛が病気になって乳が出な
くならないようにするために打った抗生物質
が入っている」

などの情報が書かれたサイトを見つけました。
だから牛乳は危険だと。子どもの発育が早い
のはそのためだと。アレルギーが多くなって
いるのは牛乳のせいだと。


「果たして本当なのかな?」と疑問に感じなが
らも、「もしかしたらそうなのかも」と思う自
分が同時にいました。酪農は知らない世界です
から。


そこで、自分なりに色々なつてを使って調べて
ある結論に達しました。


今は生乳が余って捨てる時代。リスクを負う必要がない

これはある大手牛乳メーカーの方にお聞きした
ことですが、その企業では生乳の検査基準がか
なり厳しく、成長ホルモンや抗生物質といった
薬物関係はすべてはじかれるそうです。もし、
畜産農家でこの基準に引っかかることがあった
場合には、そういう農家とは今後一切お付き合
いしないそうです。そして、こうした検査が製
造までに少なくとも3回はあるそうなので、よ
り安全な牛乳をご家庭に届けられるようにして
いるとのことでした。


また、今は乳牛自体が多く、生乳も余ってし
まって捨てているのだそうです。さらに、品質
も求められる時代のため、「薬物に汚染された
生乳といったリスクを抱えないことが重要」と
も語っておりました。


現在の社会情勢を鑑みても、汚染された牛乳が
出回ること自体、企業にとっては何のメリット
もありません。むしろ、そこで生じる巨額な賠
償金を支払うことの方がリスクとしては大きく
なります。ということは、企業もそのようなリ
スクを負わないように、畜産農家に対しても品
質を求めるようになるのではないでしょうか。


企業にとっては畜産農家の生乳の品質は何より
も大事な事項となりますし、畜産農家も企業に
生乳を買ってもらうためには、品質のいい生乳
を作る努力をしなくてはいけないワケです。


こうしたことを考え併せると、昔はいざ知ら
ず、生乳が余ってしまう今の時代、成長ホル
モンや抗生物質付けの乳牛から生乳を得る、
というメリットはないように思われます。そ
のため、ネットで氾濫しているような情報は
少なくとも今はないのではないか?と考えて
います。


「それでも不安」という方は出所が明確なルー
トから牛乳を入手するようにしましょう。


牛乳は飲んだ方がいい?飲まない方がいい?

では、牛乳を摂ることはいいことなのか?と
いうと、必ずしもそうではありません。


元々農耕民族である日本人は牛乳を飲む習慣
がなく、遺伝的にもそれは実証されています。
だから、日本人は牛乳を飲むと牛乳の中にあ
る「乳糖」によってお腹をこわす人が多いの
です(これを「乳糖不耐症」といいます)。


また、牛乳の取り過ぎは胃腸にも負担をかけ、
体も冷やしてしまうので、取り過ぎは禁物で
す。何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」で
すね。


「牛乳は良質なタンパク源」と言われていま
すが、同量の場合、タンパク源としては牛乳
よりも納豆の方が優れています。しかし、カ
ルシウムの供給源としては優れていますので、
タンパク源というよりはカルシウム源と捉え
て適度に摂るのがよろしいかと思います。


ネットの誤った情報に左右されず、正しい眼
力を持つことが大事な世の中になってきまし
た。どのような情報を選択し、どのような情
報を排除するかはすべて皆さん次第です。正
しい判断ができるように、情報を鵜呑みにせ
ず、しっかり調べて判断するようにしたいで
すね。


と言っているこのブログも、その一つですが・・・

コメントを残す