睡眠時間のゴールデンタイムって何時か知ってますか?

睡眠時間にゴールデンタイムがあるのはご存知ですか?


そのゴールデンタイムは何時かご存知ですか?


それは・・・


夜10時から夜中2時までです。


この時間帯に睡眠をきちんと取ると、
成長ホルモンなどのホルモンが入眠とともに最大限に分泌されたり、
逆に血糖値を維持したり免疫に関わるコルチゾールなどの分泌が
睡眠初期にきちんと減ったりします。


つまり、睡眠の間に必要なものは増え、不必要なものは減らすという
調節をカラダはしています。


成長ホルモンは、名前から「カラダを成長させる」と思われますが、
その作用以外にも疲労回復効果やカラダの修復にも関わるため、
この成長ホルモンがきちんと分泌されないと

「寝ても疲れが取れない」
「カラダがだるい」

などということになりねません。


現代社会で夜10時に寝るのはかなり難しいですが、
最低でも夜0時までに寝れると、目覚めに大きな違いがあります。


たとえば、同じ6時間の睡眠でも夜0時に寝て朝6時起きる6時間と
夜中2時に寝て朝8時に起きる6時間では翌朝が全然違います。


夜10時から夜中2時までのゴールデンタイムは、
カラダの状態をリセットしてくれる大事な時間帯です。


忙しい生活を送られていると思いますが、
できれば0時までに寝られるように生活リズムを変えてみましょう!

コメントは受け付けていません。