認知症はハンドマッサージで改善する?

先日、師匠から聞いた話しです。師匠も「まだ
数が少ないから何とも言えないと」お話しして
おりましたが、どうも認知症に対して肘から指
先までのハンドマッサージをすると、徐々に認
知症の症状が改善されるらしいのです。


<ハンドマッサージの方法>
1.肘から指先にかけてゆっくり5秒くらいの
スピードでオイルマッサージする

2.片腕で10〜15分くらい、両腕で30分
くらいの時間をかける



もしかしたら、初めは触られるのを拒絶され
るかもしれません。しかし、人に「触れても
らう」というのは何とも言えない心地よさが
あります。そのうち、その気持ちが相手にも
伝わるのではないでしょうか?


手指と脳には密接な関係性がある

よく、「指を動かしたり、使ったりすると脳が
活性化する」と言われています。それを端的に
現しているのが「頭の中のこびと」と呼ばれる
「ホムンクルス」という図です。これは、感覚
皮質と運動皮質における身体の対応部位を示し
ています。つまり、手の感覚はこの脳部位が感
知し、手を動かすときはこの脳部位が活性化さ
れる、という具合です。

Homunculus-ja


この図を見てもわかるように、指や腕と脳が密
接に関係していることがおわかりいただけると
思います。


先ほどの図は、一次体性感覚野(いちじたいせ
いかんかくや)と呼ばれる脳の領域で、「頭頂
葉(とうちょうよう)」という頭のてっぺんの
やや後ろの部分に辺ります。その領域は「外界
の認識」に関わる部分です。
(*図のオレンジ色の部分です)

089bae05


感覚を司る頭頂葉からの情報は、脳の前側に
ある「前頭葉(ぜんとうよう)」と言う思考
・判断・情動などの高度な頭脳活動を行う領
域へ送られ、物を考えたり、感じたり、とい
う行動へと繋がります。


認知症の場合、頭頂葉ではなく、この前頭葉
の活動性が損なわれていると言われています。


腕や手指のマッサージで脳を刺激

これらのことを考え併せますと・・・


頭頂葉は顔・手足をはじめとする体全体から
の感覚情報が集まる部分になりますので、認
知症の方の腕や手指をマッサージしてあげる
とその感覚情報が頭頂葉に伝わり、さらにそ
れが思考や情動を司る前頭葉へと伝わるので、
結果として脳が刺激され、認知症が改善され
ていくのではないか?と推測されます。


ただ、認知症には「脳血管性認知症」と「ア
ルツハイマー型認知症」の2つに分けられま
す。この両方のタイプに効果があるのか、そ
れともそのどちらかにしか効果がないのか、
そこまでの知見は残念ながら現在のところ持
ち合わせておりません。


今後、この辺のデータも継続的に集めていき
たいと思っております。個人的には脳梗塞や
脳出血などの脳血管性障害で起こる「脳血管
性認知症」には効果があるのではないか?と
思っております。


ご家族や身内で認知症の方がいらっしゃる方
は、ダメもとでぜひお試しください。

コメントを残す