ダイエット脳を鍛える!その2「糖類と糖質と炭水化物の違いって何?」

先日は「どうして糖質、炭水化物を抜くのがダイエットにいいのか?」ということの概略をお伝えしました。記事はコチラ

 

 

では、そもそも糖質と炭水化物の違いは何でしょうか?

 

 

まず、「糖質」とは「糖類やデンプンなどの効率よく消化されるエネルギー源」ということになります。

 

 

「糖類」は「ブドウ糖」や果物に含まれる「果糖」の単糖類と砂糖や乳糖のような「二糖類(単糖が二つくっついたもの)」に分類されるものです。

 

 

糖質は、これらの「糖類(単糖類、二糖類)」に加えて「多糖類」と「糖アルコール」というものも含めた糖の総称です。

糖質=単糖類+二糖類+多糖類+糖アルコール

 

 

多糖類は、単糖がたくさん連なった糖類で、芋などのデンプンがよく知られていますし、「糖アルコール」の代表的なものには「キシリトール」や「マルチトール」などがよく知られています。

 

 

この説明ではとてもわかりづらいので、これらを図で示したのがこちらです。

では、「炭水化物は?」と言いますと、炭水化物はこの「糖質」に「食物繊維」を加えたものが炭水化物です。

 

 

図で表しますと、下のような図になります。

 

このように、「糖類は糖質の一部」で、「糖質は炭水化物の一部」である、というのがお分かりになると思います。

 

 

なお、炭水化物の構成成分である「食物繊維」は消化されませんので、炭水化物のエネルギー源としては「糖質」ということになるため、「炭水化物≒糖質」と捉えてもいいと思いますが、食物繊維の量が多いと、例えば「炭水化物量が多くても糖質量は少ない」ということもありますので、「炭水化物から食物繊維を引いた量が糖質」と覚えておいた方がいいです。

「糖質=炭水化物−食物繊維」

 

糖類と糖質と炭水化物の違いをご理解いただいところで、次回はいよいよ本題に入っていきたいと思います。

 

 

 

ダイエット脳を鍛える!その1「正しく知って、正しくやせる!」


いつの時代も「ダイエット」という単語が巷に溢れかえり、某CMでもお馴染みのように女性だけでなく男性も最近ダイエットに励む方が多くなりました。

 

 

 

 

最近定着しているダイエット法としては、「糖質オフダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」ではないでしょうか?

 

 

 

私の周りにも炭水化物を抜いて痩せた方が結構いらっしゃいますし、みなさんの周りでもあるいはみなさん自身も試したことがある方がいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

では、みなさん、どうして「炭水化物や糖質を抜くと痩せやすいのか?」という問いに正しく答えられる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

 

 

「巷でよく目にするし・・・」、「実際痩せたから・・・」ということで、何となく「ダイエットにいい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、稚拙ではありますが、そのあたりのことを数回に分けてご説明したいと思います。

 

 

と、大々的に銘打っておきながら、すでに既知の情報でしたらすみません・・・。

 

 

私たちのカラダは、生きるためにカロリーを摂取し、消費しています。

 

 

そして消費しきれなかったエネルギーは脂肪として蓄積され、肥満の原因となるのです。

 

 

つまり、理論的には…

食べた(摂取)エネルギーよりも消費されたエネルギーの方が大きければ太りらないということになります。

 

 

「摂取エネルギー < 消費エネルギー」ということですね。

 

 

これがどの時代でもどのダイエット方法でも、基本中の基本の考えです。

 

 

そのため、これまでは「カロリー」ということにだけ着目され、「これだけ食べれば大丈夫!○○ダイエット」など、単一のものを食べていればあたかも痩せるかのようなセオリーが通説とされていました。

 

 

カロリーというとすぐに思いつくのは「油、脂」ですので、揚げ物を控えたり、油物を摂らないようにして、脂肪の蓄積を防ぐことに意識が向いていました。

 

 

しかし、カロリー制限や脂質を控えることよりも、実は「糖質、炭水化物」を控える方が脂肪蓄積を抑えられることが大事だったのです。

 

 

これは、トレーニングの世界では「常識」でしたが、なかなか一般には伝わっていませんでした。

 

 

ここに目をつけ、一躍脚光を浴びたのが、某CMでお馴染みの肉体改造ジムです。

 

 

では、なぜ「糖質、炭水化物」を抜くことが脂肪蓄積に繋がるのでしょうか?

 

 

その続きはまた後日お伝えしたいと思います。

 

 

枕選びのコツ、お教えします!


枕選びに悩んでいらっしゃる方はとても多いです。

私もよく聞かれます。

 

 

そこで、枕を選ぶ際の「高さ」選びのコツをお教えいたします。

仰向けに寝ていただいて、そのまま鼻から息を吸い込みます。

 

 

その時に鼻の中に入ってくる空気の量を覚えておいてください。

 

 

次に、少し折り畳んだタオルを頭の下に入れて、同じように鼻から息を吸い込みます。

 

 

さらに、またタオルをもう少し折り畳んで、同じように頭の下に入れて鼻から空気を吸い込みます。

 

 

これを何度か繰り返していただくと、一番最初の時と比べて、鼻から空気を吸い込んだ時に一番吸い込みやすく、たくさん空気が入ってくる高さがわかると思います。

 

 

それがその方に合った「枕の高さ」ということになります。

 

 

だいたい、5〜7cmくらいの高さでしょうか。

 

 

枕の高さはそのように選んでいただくのが一番いいと思います。

 

 

試しにやってみていただくと、空気の入り方が全然違うことに気づくと思います。

 

 

柔らかさに関しては、「硬過ぎず、柔らか過ぎず」という硬さがオススメです。

 

 

小豆や硬いチップだと硬いので、首や肩が緊張してしまいますし、低反発の枕ですと、沈み込む感覚は気持ちいのですが、寝返りを打ちづらいのでかえって首を痛めてしまうことが多々あります。

 

 

ですので、上記以外の材質のもので、ご自分のお好みの材質をお選びいただければと思います。

 

 

最近は少し幅広で肩までカバーしてくれる枕が売られていますので、その方が首への負担は少ないと思います。

 

 

この手のタイプで、枕の中に入れる中敷を出し入れすることで枕の高さを調整できるものもありますので、そちらもオススメです。

 高さ調整できる枕(西川 ファインクオリティ)

 

 

枕選びは個人差が大きいのでとても難しいですが、枕をお選びいただく時の参考にしていただけたら幸いです。