首から肩にかけての「しびれ」は「首のズレ」が原因です

40代の男性の患者さんですが、左の首から肩にかけてしびれがある、ということでご来院されました。

041beff24386a41351d9cde2016aefc4_s


しびれが出ている箇所は肩までのところで、腕や指先には出ていないとのことでした。


寒くて肩をすぼめるような姿勢でいると、しびれが増し、首を後ろに倒してもしびれが出る、とのことでしたので、「首のズレ」から来ている症状で間違いないと判断しました。

vb_screenshot-28


実際触ってみると、左頸椎の4番にズレと6番、7番に詰まりがある感じでした。


また、それに付随して左の僧帽筋がかなり硬くなっており、頸椎のズレによる神経と血管の圧迫があることがわかりました。
*僧帽筋が片側だけ硬くなっている場合は、「ズレによる神経、血管の圧迫が原因のコリ」となります。両側が硬くなっている場合は「血行不良によるコリ」です。


頸椎のズレを取った後、一度確認していただきましたが「だいぶ楽になったが、まだ首を後ろに倒した時に少し痛みが出る」とのことだったため、頸椎を上部に牽引し、さらに右側へ側屈させて詰まりを取るとさらに楽になったようでした。


そこで、硬くなっている僧帽筋や肩甲挙筋(けんこうきょきん)、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)、斜角筋(しゃかくきん)などの筋肉を緩めていくとかなり楽になり、首を後ろに倒しても痛み、しびれはなくなりました。

<僧帽筋>
僧帽筋

<肩甲挙筋>
肩甲挙筋

<胸鎖乳突筋>
vb_screenshot-18

<斜角筋>
斜角筋


またしばらくすると寒さや疲れ、頸椎の再度のズレによって痛みやしびれが出ると思いますが、何度か繰り返し施術していけば徐々にその頻度や程度は少なくなっていくと思います。


ただ、いかんせんこの方はお住まいが遠く、なかなか頻繁に来られないため、近隣でよさそうな治療院をご案内し(ネットだけの情報ですが)、普段はそちらに通っていただきながら月に一回くらいはこちらにご来院してくださるようにお話しさせていただきました。


次回来られる時は今回よりもいい状態であるといいのですが・・・。


それを期待して次回のご来院をお待ちしたいと思います。

坐骨神経痛は腰椎のズレや坐骨神経の圧迫によって起こります

本日来られた60代女性の患者さんですが、右足の坐骨神経痛でご来院されました。


坐骨神経痛は腰椎のズレや坐骨神経の圧迫が原因で起こります。


vb_screenshot-5
*黄色で示されているのが坐骨神経です


vb_screenshot-11
*仙骨です

坐骨神経は腰椎から分枝し、仙骨というお尻の真ん中にある骨を通り(仙骨は仙骨孔という穴が空いており、その穴を通過します)、お尻を抜けて太ももの裏から膝裏まで行くと、そこからそのままふくらはぎに行く神経とスネに行く神経に枝分かれし、かかとや足の指先まで到達します。


途中で神経の名称は変わりますが、坐骨神経の経路はこのような経路をたどります。


坐骨神経痛の場合、坐骨神経が分枝する「腰椎のズレ」が原因で起こるケースが多いです。


また、お尻に「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉があるのですが、この筋肉の下に坐骨神経が通っているため、梨状筋が硬くなって坐骨神経を圧迫することによっても起こります。

梨状筋
*青い部分が梨状筋です


ただし、この梨状筋が硬くなるのも「腰椎のズレ」が原因です。


それは腰椎がズレ神経だけでなく、血管も圧迫することになるため、この梨状筋に「酸素」や「栄養」が行き渡りにくくなり、硬くなるからです。

頚椎がズレると


ちょっと乱暴な説明ですが、そう解釈していただくとわかりやすいと思います。


そしてもっと大元は「首のズレ」が原因となることが多いです。


首がズレ、胸椎がズレて、腰椎がズレる。

3骨盤ずれる


この一連の流れが坐骨神経痛を引き起こす原因となるのです。


首のズレを取り、腰椎のズレを取って、硬くなっている腰部、臀部、足の筋肉を緩める。


単純かもしれませんが、これによって坐骨神経痛は大幅に軽減されます。


寒さが増しているこの季節は、筋肉が硬くなりやすい時期ですので、坐骨神経痛も起きやすくなります。


しっかり湯船に入って体を温めたり、カイロで患部を温めたりするセルフケアに加えて、当院でケアしてみてはいかがでしょうか?


辛い痛み、しびれは我慢してどうにかなるものではありません。ぜひ一度お気軽にご相談ください。


「神経的な肩コリ」はズレを戻さないと取れません

肩コリに悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますが、実は肩コリには大きく二つのタイプがあります。


OZP73_katakoriyabai20130707_TP_V


一つは皆さんが普段よく認識している「血行不良」による肩コリ。


そしてもう一つが、頸椎のズレによって引き起こされる「神経的な肩コリ」。


「血行不良による肩コリ」は、文字通り血行が悪くて起きる肩コリなので、温めたり、揉んだりしてあげると改善されやすいタイプの肩コリです。


一方、頸椎のズレによって引き起こされる「神経的な肩コリ」の場合は、原因が「頸椎のズレ」にあるため、残念ながらこのズレを戻さないと揉んだり温めたりしても取れません。


先日から3回目に来られた方がまさにその典型例でした。


この方は30代の男性ですが、3回目に来られた時に「いかがですか?」とお聞きしたところ、「おかげさまで肩が凝らなくなりました」とおっしゃいました。


実際、頸椎を触ってみても最初に来られた時よりもかなり状態がよく、さらに肩周りの筋肉の張り方もとてもよくなっていました。


この方の場合は本当に典型的なタイプでして、通常は「神経的な肩コリ」と「血行不良による肩コリ」が混在している「ミックスタイプの肩コリ」の方がほとんどですが、矯正によって頸椎のズレを取るだけで筋肉は勝手に緩んでくれますので、肩コリにおける頸椎のズレの影響はかなり大きいです。


ただし、「血行不良タイプ」や「ミックスタイプ」の方の場合には、普段の姿勢や仕事中の姿勢などの改善も同時にしていかないとなかなかよくなりませんので、その辺のアドバイスもさせていただいております。


肩コリでお悩みの方はご自分がどのタイプなのかを知るためにも、ぜひお気軽にご相談ください。