目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

「食」と「メンタルヘルス」の関係についてセミナーしました

先日の日曜日に、以前にもお話しさせてい
ただいた臨床心理士さんのコミュニティで
「食」と「メンタルヘルス」の関わりにつ
いて勉強会の講師をさせていただきました。

写真-14

今回は残念ながら人数は少なかったのです
が、参加されている方はとても意識が高く
ついついこちらも夢中になって話してしま
いました。

内容は多岐に亘りますが、「食事は単なる
空腹を満たすものではなく、大事な栄養を
摂る貴重な機会である」ということが一番
お伝えしたかったことです。

食事の中でも、私は「タンパク質」の摂取
がメンタルヘルスには欠かせないと思って
います。もちろん、ビタミン、ミネラルの
摂取も大事なのは言うまでもありませんが。

タンパク質は、神経伝達物質と呼ばれる神
経から神経へ情報を送り届ける物質の構成
成分になります(正確にはアミノ酸です。
タンパク質が分解されてアミノ酸になりま
す)。ある種のホルモンもタンパク質から
作られます。

そしてその神経伝達物質やホルモンの受け
皿となる「受容体」や「受容体」の下流に
存在する「酵素」といったものもタンパク
質からできます。

そのため、タンパク質の摂取がとても大事
になってくるのです。

タンパク質の摂取以外に大事になってくる
のは、炭水化物(糖質)の摂り過ぎです。
炭水化物(糖質)の摂り過ぎとメンタルの
関係はかなりあります。

炭水化物の摂り過ぎは、いわゆる「糖質依
存」という状態に陥りやすいので、糖質依
存からの脱却(糖質を摂ってはいけないと
は考えていません)も大事なポイントにな
ってきます。

糖質の代謝にはビタミンB群が必要になって
きますし、タンパク質の代謝や神経伝達物質
の合成にもビタミンB群は必要になります。

大変興味深いことに、タンパク質(特に動物
性)にはビタミンB群が多く含まれています。
タンパク質を摂ると同時に、それを代謝し、
必要なものへと変換させるものが、自然の食
べ物にはきちんと備わっていることには、改
めて驚かされます。

ちなみに、炭水化物(糖質)の場合、精製
された白砂糖や小麦粉、白米はその大事な
ビタミンB群をあえて削ぎ落としてしまって
いるので、タンパク質とは異なり、新たに
ビタミンB群の摂取が必要となってきます。

タンパク質の摂取と炭水化物(糖質)の制
限と各種ビタミン、ミネラル(鉄、亜鉛、
カルシウムなどもメンタルヘルスに重要です)
の摂取が、良好なメンタルヘルスを築くのに
は重要です。

コメントを残す