目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

外反母趾の痛み、取れます

こんにちは。品川区目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

皆さんは外反母趾の痛みに悩まされていませんか?

 

 

 

 

外反母趾は足の親指が小指側に曲がっていってしまう症状なのですが、聞くだけでも痛そうですよね・・・

 

 

この外反母趾の多くは女性に多いのですが、その原因の一つにヒールなどの先の細い靴を履くことが挙げられます。

 

 

そして、加齢とともに増える傾向があります。

 

 

外反母趾は「手術が必要」とか色々と言われますが、重度の変形でなければ手技で痛みを取ることは可能です。

 

 

「本当に??」と思われるかもしれませんが、状態によっては取り除くことはできます。

 

 

外反母趾にもいくつか種類がありますが、今回は先日来られた患者さんを例にして、当院で行っている改善方法についてお話ししたいと思います。

 

 

先日、来られた患者さんは看護師の方でした。

 

写真-41

 

 

外反母趾自体はそれほどまだ変形はしてないのですが、親指の第一関節の下、母指球辺りのところが痛むとのことでした。

 

 

この方の場合、ご職業が看護師なので、日中はナースサンダルで過ごすことが多いため、あまり変形が進んでいなかったのだと思われます。

 

 

外反母趾は親指が小指側(外側)へ曲がっていくために名付けられたワケですが、親指にある第一中足骨(だいいちちゅうそくこつ)という骨の先頭にある「種子骨(しゅしこつ)」という骨が外れ、足の人差し指にある第2中足骨(だいにちゅうそくこつ)」の間に移動してしまいます。

 

 

そのために、親指と人差し指がくっついて離すことができなくなるのです。

 

 

写真-43
*赤丸で囲んでいるのが「種子骨」です
*青い矢印が第一中足骨です

写真-44
*青い矢印の第一中足骨が足の内側へ、赤い矢印の種子骨は足の外側(人差し指側)へズレてしまいます

 

 

こういう状態ですと、骨と骨を繋ぎ止めている「靭帯」が、親指の内側の場合は伸びてしまい、外側(人差し指側)は逆に縮んでしまっています。

 

 

そこで、この伸びた靭帯の炎症部位や縮んでしまった靭帯を指で緩めながら、足の親指の第一関節や第二関節を回して動かしていきます。

 

 

そうすると、途中で「パキッ」と音がして、関節のズレが戻るのがわかります。

 

 

このズレが取れると、親指の痛みは一気に取れて楽になります。

 

 

その後は、まだ炎症が起きている部位や硬くなっている靭帯を緩めて、さらなる改善を計ります。

 

 

ポイントはこの関節をどこまで動かせて、どこまで戻せるか?です。

 

 

これに加えて、当院で指導しているセルフケアをご自身にも日々やっていただくことによって、外反母趾の状態にもよりますが、多くの方は楽になっています。

 

 

まずは一度、メールで写真をお送りいただくなどしてご相談してみてください。

 

 

 

◉当院のご案内◉

首コリ、痛み、しびれなら

品川区目黒駅前(目黒西口)「薬剤師の整体院YAJIMA」

品川区上大崎2-24-13目黒西口マンション1号館401

【平日】11:00-21:00(最終受付20:00)

【土曜】11:00-19:30(最終受付18:30)

【休診日】日曜・祝日・第1月曜

*JR山手線目黒駅から徒歩1分、東急目黒線目黒駅から徒歩2分

*品川区、目黒区、世田谷区など幅広いエリアからご来院いただいております

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

24時間WEB予約はコチラ

24時間LINE予約はコチラ

 

●当院は予約制ですが、電話受付もしております。

TEL:03-6431-8370

*お電話に出れない時は留守電に「お名前」、「予約ご希望日時」、「お電話番号」をお伝えください

 

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ

 

 

コメントを残す