目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

【ダイエット脳を鍛える方法1】正しく知って、正しくやせる!


こんにちは。目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

いつの時代も「ダイエット」という単語が巷に溢れかえり、某CMでもお馴染みのように女性だけでなく男性も最近ダイエットに励む方が多くなりました。

 

 

 

 

最近定着しているダイエット法としては、「糖質オフダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」ではないでしょうか?

 

 

 

私の周りにも炭水化物を抜いて痩せた方が結構いらっしゃいますし、みなさんの周りでもあるいはみなさん自身も試したことがある方がいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

では、みなさん、どうして「炭水化物や糖質を抜くと痩せやすいのか?」という問いに正しく答えられる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

 

 

「巷でよく目にするし・・・」、「実際痩せたから・・・」ということで、何となく「ダイエットにいい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、稚拙ではありますが、そのあたりのことを数回に分けてご説明したいと思います。

 

 

と、大々的に銘打っておきながら、すでに既知の情報でしたらすみません・・・。

 

 

私たちのカラダは、生きるためにカロリーを摂取し、消費しています。

 

 

そして消費しきれなかったエネルギーは脂肪として蓄積され、肥満の原因となるのです。

 

 

つまり、理論的には…

食べた(摂取)エネルギーよりも消費されたエネルギーの方が大きければ太りらないということになります。

 

 

「摂取エネルギー < 消費エネルギー」ということですね。

 

 

これがどの時代でもどのダイエット方法でも、基本中の基本の考えです。

 

 

そのため、これまでは「カロリー」ということにだけ着目され、「これだけ食べれば大丈夫!○○ダイエット」など、単一のものを食べていればあたかも痩せるかのようなセオリーが通説とされていました。

 

 

カロリーというとすぐに思いつくのは「油、脂」ですので、揚げ物を控えたり、油物を摂らないようにして、脂肪の蓄積を防ぐことに意識が向いていました。

 

 

しかし、カロリー制限や脂質を控えることよりも、実は「糖質、炭水化物」を控える方が脂肪蓄積を抑えられるため、「糖質・炭水化物の制限」が大事だったのです。

 

 

これは、トレーニングの世界では「常識」でしたが、なかなか一般には伝わっていませんでした。

 

 

ここに目をつけ、一躍脚光を浴びたのが、某CMでお馴染みの肉体改造ジムです。

 

 

では、なぜ「糖質、炭水化物」を抜くことが脂肪蓄積に繋がるのでしょうか?

 

 

その続きはまた後日お伝えしたいと思います。

 

 

 

●●当院では整体以外にも、「ダイエット脳を鍛える」ことを目的としたダイエットレクチャーも行なっております●●

整体料金

 

 

コメントを残す