寝違え、ギックリ腰が多くなる季節です

最近、5月とは思えない陽気が続いておりますが、それでも朝晩は冷えますね。


こういう時期は寝ている時に薄着で寝たり、日中外出して汗をかいた後、冷房に当たることもあったりと、気づかぬうちに体が冷える状況になりやすいです。





こうした状況は寝違えやギックリ腰になりやすいので、注意が必要です。





最近、こうした方のご来院が多いので、皆様もくれぐれもお体を冷やさないようにご注意ください。


ちなみに、寝違えも首のズレが原因ですので、「横に向きにくい」、「横を向くと痛い」というのがなかなか取れない場合には、ぜひ一度お気軽にご相談ください。


なお、ギックリ腰も首のズレが原因で起こります。


首がズレることによって上半身と下半身の「捻れ」が生じてしまい、その捻れの部分の筋肉に負荷がかかっている、というのがベースにあって、そこに冷えや疲労や急激な負荷などによってギックリ腰が起きてしまうからです。


ギックリ腰になった方のほとんどは首が悪い方ですので、そう考えると、首は本当に大事ですね。


「以前にギックリ腰をやったことがある」、「何となくギックリ腰になりそうな気がする・・・」などの方は、お早めにご相談ください。





コメントを残す