目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

外反母趾の痛みで困っていませんか?

女性に多い外反母趾。

gaihan_boshi


その痛みで長時間歩いたりするのが苦痛だったり、長時間に関わらず歩くたびに痛かったり・・・。


「もう痛みを我慢するしかない」、「騙し騙し付き合っていくしかない」と思われている方も多いと思いますが、きちんと施術すれば外反母趾の痛みは取れます。


外反母趾の痛みの原因の一つは、足の親指の関節の「ズレ」です。


中でも親指の第二関節は最も負荷がかかるため、ズレやすい箇所になります。

%e8%b6%b3%e8%a3%8f


施術の仕方としては、親指の関節を動かしながら、本来関節がはまっているところに戻していきます。


関節が元の場所に収まると、たいていの場合、この時点で痛みはほぼ消失します(外反母趾特有の親指の変形を元通りにすることとは違います)。


と言っても、ここまでの作業行程の「ズレた関節を戻す時」に痛みを感じる方もいらっしゃいますので、多少(場合によってはかなり?)の我慢が必要ですが・・・。


ズレた関節のまま長時間歩いていたり、先の狭い靴を履いていたりして(これが外反母趾の原因の一つです)、親指に負荷が大きくかかっていたりすると、関節を支える靭帯に炎症が起きていることがあります。


また、その靭帯が硬化していることもあります。


そのため、関節を戻したあと、炎症が起きている靭帯や硬化している靭帯を、ワセリンやクリームなどの摩擦を緩和する基剤を使用して緩めていきます。


たいていは、関節を戻した後に、このような靭帯のケアをすることで痛みが軽減することが多いです。


もちろん、またある程度時間が経って来ると痛みが出てきますので、その都度ケアする必要はありますが。


痛みが軽い初期段階であれば、数回で痛み自体は軽減されていきますが(消失した方もいらっしゃいます)、痛みが深刻な場合は関節を動かされただけで激痛が走るので、その痛みとの兼ね合いでもう少し回数が必要となります。


「もうずっと湿布をしているけど、なかなか親指のところの痛みが取れない」、「長時間歩くと親指のところが痛くて歩けない」などの痛みがある方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。


コメントを残す