目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

しびれは「ズレ」から生じます

こんにちは。目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

当院にはしびれに悩む方が多くいらっしゃいますが、MRIやレントゲンで特に異常がないのにしびれが出るという時には、「骨のズレ」が原因となります。

 

259968

 

 

「レントゲンに写ってないのに、なぜズレがあるの?」と思われるかもしれませんが、レントゲンに写らなくてもズレはあります。

 

 

と言いますか、レントゲンでは判断しにくいズレと言った方がいいのかもしれません。

 

 

実際に触ってみればズレがあるかどうかはわかります。

 

 

そして、そのズレを取ると取る前にあった「コリ」というか、「ゴツゴツ」というか、そういう触感はなくなります。

 

 

肩や腕の「上肢のしびれ」も、お尻や足の「下肢のしびれ」も、骨のズレによる神経の圧迫やズレそのものが神経を刺激して生じるケースがほとんどです。

 

 

こうした場合、周りの筋肉を緩めることももちろん大事なのですが、何と言ってもやはり一番大事なのは「そのズレを戻す」ことに尽きます。

 

 

 

ズレを取った後にしっかり緩める

骨のズレによって筋肉は硬直してしまうため、ズレだけを取ればいいということではなく、「ズレを取った後」にその該当する部位の筋肉を緩めていくことも、ズレを取るのと同じくらい大事です。

 

 

例えば、手の指先がしびれる場合には脇の下や上腕の内側、外側が硬くなっていることが多いので(どの指か、どういうしびれか、にもよります)、その辺りからチェックしていき、大抵は前腕の屈筋側(裏側)と伸筋側(表側)にも張りやコリが生じているので、その辺りもケアしていきます。

 

 

お尻や足のしびれの場合は、お尻や仙骨というお尻の真ん中にある骨の周囲が硬くなっていることが多いので、その辺りから太もも裏、ふくらはぎをケアしていきます。

 

 

しびれは一度の施術で取れる場合もありますが、大抵は圧迫されていた神経がまた元に戻るのに2、3日くらいかかるため、神経が元に戻る時にまた当初とは違う種類のしびれが出ることがあります(良くなる過程で通る道のりです)。

 

 

そのため、大体一週間後くらいにもう一度ご来院いただいて、どのような変化(しびれの種類が変わった、強さが変わった、など)があったかなどを問診させていただき、その情報を元に今後の治療の方針を立てるという流れになります。

 

 

しびれは何度かこうしたやり取りを繰り返す必要がある症状ですが、しびれの種類が変わったり(ビリビリやチクチクからジワ〜ンとする感じや薄手の手袋をはめてる感じになる、など)、しびれの強さが弱まったりといった変化が大抵の場合見られてきます。

 

 

しびれがまだ出始めたばかりくらいの状況でしたら、比較的早めによくなりますので、「最近なんだかしびれている気がする」と思われた方は早めにご来院いただくことをオススメいたします。

 

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約フォーム

 

 

スイーツは悪?

皆さんは甘いものはお好きですか?


最近、ネットやSNSの記事で「甘いお菓子」を悪者のように扱う内容をよく目にするのですが、そこに私は若干の違和感を感じてますので、それについて少し戯言を述べさせていただきます。


MMK_settingsaretacake-thumb-autox600-13729


もちろん、甘いものの取り過ぎは肥満や糖尿病などの病気になってしまう原因になりますし、体にいいものでもありません。


また、スイーツは別になくても生きていくのに困る食べ物ではないので、取らないからといって死に至ることはありません。


そういう意味では無用の長物かもしれません。


しかし、私は「スイーツは人生を豊かにしてくれる物」と考えています。


こんなことを言うと、私があたかも「ものすごくスイーツが好きな人」と思われてしまうかもしれませんが、私はいたって「普通に好き」のレベルです。


もちろん、毎日食べることなんてありません。


ですが、そんな私でさえもスイーツを選ぶ時はワクワクします。


皆さんも「どのスイーツを食べようかな?」と選んでいる時、ワクワクして心が躍りませんか(ワクワクしない方もいるかもしれませんが)?


スイーツを食べると、自然と笑みが出ませんか(出ない方もいるかもしれませんが)?


選ぶ喜びや食べる喜び、お友達やパートナーなどと過ごすひと時。

TSU73_cakejyosi15143657-thumb-815xauto-15197


そうした「時間」がとても大切なのではないか?と私は考えます。


極論にはなりますが、もし、2つの天命があって、どちらも全く同じ時間しか生きられないのだとしたら、私は迷わずスイーツを食べる人生、食べてもいいと許せる自分を選びます。


もしスイーツを「体によくないから」と食べないで、健康にいい物だけを食べ、健康にいい生活だけをして、仮に数年寿命が延びたとしても、食べたい物を無理やり我慢して過ごすその人生は、果たして豊かと言えるのでしょうか?


かなり大げさかもしれませんが、スイーツを食べるのを無理やり我慢して生きるよりも、自分で調整しながら食べたい時に食べ、喜びや美味しさで笑顔が溢れる生き方(これが難しいんですけどね)の方が、人生が豊かと言えるのではないでしょうか?


「スイーツは心の栄養」。
(もちろん、「栄養」だからと言って食べ過ぎはダメですけど)


私は「スイーツ」というものをそう肯定的に捉えています。


皆さんはどう思われますか?


*「甘いものが苦手」という方には当てはまらない内容ですみません。


ドアが交換されました

当院が入っておりますマンション全戸のドアが交換されました。

IMG_1483

入り口で「いつもと違う」とビックリされる方がいらっしゃいましたので、念のためお知らせいたします。


最新のドアは内側にも入り口がついており、地震の際にドア枠が変形してドアが開かなくなっても外に出られるように設計されているそうです。

IMG_1484

IMG_1485


この内側のドアを使う日が一度も訪れないことを切に願います。