「にんじん」と「さつまいも」はどちらが血糖値を上げやすいか、ご存知ですか?

皆さんは「にんじん」と「さつまいも」ではどちらが血糖値を上げやすいか、
ご存知ですか?


と、その前に、GI(Glycemic Index)値という言葉を聞いたことがあるで
しょうか?


GI値とは、ある食べ物を食べた時に「血糖値がどれくらい上がりやすいか?」
を表す指標です。
このGI値は、通常、ブドウ糖を摂取した時の血糖値の値を100とした時と
比較して数値化されています。


つまり・・・

GI値が高い

ブドウ糖に変換されるスピードが速い

血糖値が上がりやすい

体脂肪がつきやすい



というスキームになり、GI値が高い食べ物は体脂肪がつきやすい食べ物
と言うことができます。ちょっと乱暴な言い方ですけど。


そのため、GI値が高い食べ物を避け、GI値が低い食べ物を摂るようにすると
いいワケです。



・・・というのが一般的な解釈ですが、実はこれには数値のトリックがあります。


というのは、GI値はあくまでも「食べた時に血糖値が上がるスピードが速いか
どうか?」を見る指標であり、「炭水化物や糖質の量が多いか少ないかは反映
されていない」のです。



では、ここで皆さんに質問です。


Q1 「にんじん」と「さつまいも」ではどちらがGI値が高いと思いますか?



正解は・・・
A1 GI値が高いのは意外にも「にんじん」です。
「にんじん」80
「さつまいも」55



おそらく皆さんは「さつまいも」の方がGI値が高いと思われたのではないで
しょうか?「さつまいも」と言えば秋の食べ物の代名詞。女性が好きでダイ
エットの天敵とさえ思われているので、意外な結果ですね。



それでは続いて第二問です。


Q2 では、「にんじん」と「さつまいも」のうち、どちらが炭水化物の量
が多いと思いますか?



正解は・・・


A2 「さつまいも」です。
(可食部100g辺り)
「にんじん」9.1g
「さつまいも」31.5g


これは予想通りだったかもしれませんね。
ちなみに、「可食部100g」と言われても、それが実際食べる量と比べて
どうか?と言うのはこれではわかりませんので、それを換算し直したのが
こちらです。


(一食辺りの量とその炭水化物量)
「にんじん」一食辺り 中サイズ1/2本(約50g)、炭水化物量4.6g
「さつまいも」一食辺り 中サイズ1/3本(約100g)、炭水化物量31.5g


実際に食べる一食辺りの量に換算しても、やはり「さつまいも」の方が
「にんじん」の約7倍も炭水化物の量は多い、ということになります。


このQ1とQ2の異なる結果について、これはどう解釈すればいいのでしょうか?


それについては次回にお話ししたいと思います。

コメントを残す