施術後の「体の揺れ」が腰痛改善の目安です

腰痛の方に限ったお話ではありませんが、うつ伏せの際、腰痛の方のほとんどが上半身と下半身が一本の棒のようになっていて、体を揺らしても同じ方向にしか揺れないという状態になっています。




また、上半身と下半身は別々に揺れるものの、右側や左側のどちらかに偏っていて、両方向に均等に揺れないという状態もよく見受けられます。


そのため、腰痛(特に疲労系の腰痛)の場合、改善の目安は「上半身と下半身が別々の動きをしながら、均等に揺れる」ということになります。


この時に大事になってくるのが、「腰そのもの」よりも「臀部(お尻)の筋肉」です。


臀部の筋肉が硬くなっていると、腰も硬くなっています。腸腰筋(ちょうようきん)という股関節側の筋肉も硬くなっています。

*囲ってあるところが腸腰筋


そのため、腰だけでなく、臀部や腸腰筋を緩めることが腰痛改善にはとても大事になってきます。


では、どうして腰痛の場合、上半身と下半身が別々の動きが出来なくなるのか?


それは「首がズレる」からです。


首がズレているので、背骨がそれをカバーするように首とは反対側にズレ、さらにそのバランスを取ろうとして骨盤の向きがズレるためです。



人は両方の目の目線の高さが水平になるように、首や背骨などの高さの傾きを調節しながら動いていますが、首がズレていると、最初のスタートからズレた状態で目線が水平になるように調節しているので、そうした歪み(ひずみ)が骨格全体に及び、それに伴って筋肉にも影響が出てきてしまう、ということになります。


骨格がズレると、筋肉が「これ以上ズレないように!」と一生懸命頑張って硬くなることで、それ以上のズレが起きないようにしてくれているので、体の柔軟性が失われてしまい、上半身と下半身の動きに柔軟性が出ず、痛みが出てしまう、というのが簡単に言い表した表現になります。


そのため、当院では「首から正す」ということを主体とし、まずは首の矯正から行い、体全体を整えていくという施術をしております。


腰痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。




コメントを残す

腰痛の時、腰だけケアしてもダメ?!

腰が痛い時は、腰をケアして欲しいと思ったり、腰だけケアする施術家さんが多いと思います。



しかし、実は腰だけケアしてもあまり効果が得られません。


「腰のケアはする必要がない」と言っている訳ではありません。


腰のケアも大事なのですが、それ以上に大事な部位があります。


それは「お尻(臀部)」です。


正確には仙骨(せんこつ)という臀部の真ん中にある骨を含めた「仙骨、臀部周り」ということになります。


この仙骨という骨は骨盤を形成する骨の一部のため、前屈みになる時は上方に、腰を後ろに反らす時は下方に、という動きになります。


そのため、この仙骨の動きが悪い時は筋肉も硬くなっているため、上下の動きがスムーズに行えず、結果として前屈みの時に痛みが出たり、後ろに反らした時に痛みが出やすくなる、という訳です。


仙骨の動きが悪いということは、仙骨の周りにある臀部の筋肉が硬くなっているということで、いわゆる「腰骨」と言われている腸骨(ちょうこつ)と仙骨との間で形成されている仙腸関節(せんちょうかんせつ)という関節の動きも悪くなっているということになります。


※付箋が貼られているところが「仙腸関節」です


この仙腸関節はわずか数ミリしか動かないのですが、この数ミリの動きがロックされてしまうことで腰痛が出やすくなるくらいとても重要な箇所です。


患者さんにうつ伏せになっていただき、患者さんの仙骨に手を当てて、上半身と下半身が揺れるかどうかを確認しますと、腰痛がある方や腰が悪い方は揺れないか、動きが悪いことも特徴です。


もちろん、仙骨を上下に動かした時の仙骨上にある筋肉の動きも悪いです。


そのため、仙腸関節を含めた仙骨周りに動きが出るように、上半身と下半身がきちんと揺れているかどうかを小まめにチェックしながら臀部や仙骨周辺をケアしていきます。


さらに、臀部と裏表の関係にある「股関節」部分のケアも忘れてはいけません。


この股関節部分には「腸腰筋(ちょうようきん)」という筋肉が付いており、ここの筋肉が硬いと臀部、仙骨の動きも悪くなります。


※緑で囲ってあるところが「腸腰筋」で、腸骨筋という筋肉と大腰筋(だいようきん)という筋肉から成ります


この腸腰筋という筋肉は、座っている時には縮んでいる筋肉のため、座りっぱなしの姿勢が長いと固まりやすくなります。


従って、あまり注目されにくい箇所ではありますが、ここも腰痛のケアにはとても重要な箇所になります。


このように、腰痛のケアは腰以外の部位のケアが非常に大事になってきます。


もちろん、腰椎の矯正も欠かせないケアですが。



このブログが腰痛でお困りの方のご参考になれば幸いです。


何か気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。



コメントを残す

腰痛にはマットレスが関係しています

最近は朝晩の冷え込みが段々と厳しくなってきました。


布団から出るのが辛いと言う方も多いのではないでしょうか?


8250152494_12e0fcda74_b
(ThalesEGO作)


こういう時期になってくると、肩コリや腰痛でお悩みの方には余計に辛くなってきますね。


40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s


そうした方々に、一度ご検討いただきたいのが「マットレス」です。


cce65950e92af2a5301569919b31c3a4_s


実は、先日、腰痛治療を目的に時々当院をご利用いただいている方がお話されていたことなのですが、久しぶりにお見えになったので「また腰が痛くなりましたか?」とお聞きしたところ、「今日は首なんです。腰は最近はそこまででもないんです。」とおっしゃっていました。


実際に腰を触ってみますと、これまでと明らかに違うくらい腰の張りが違っていました。


「たしかに腰は全然平気ですね」とお聞きすると、「実はマットレスの向きを上下入れ替えてみたんです。なんだかくたってきていると思ったので。そうしたら、それから腰が痛くなくなりました。」とのことでした。


マットレスが大事というのは当然のことながら重要であることは認識しておりましたが、マットレスの向きを変えるだけでここまで劇的に変わる例も珍しいので、改めてその重要性に気づかされました。


マットレスはどういうものがいいかは、はっきり言って人それぞれです。


男性なのか、女性なのか。
大柄なのか、小柄なのか。
スポーツをしているのか、していないのか。
痛いのは腰だけなのか、そうでないのか。


などの色々な要素がありますので、一概に「これがいい」と申し上げるのは難しいです。


しかし、多くの傾向としてあるのが、低反発よりも高反発のマットレスをご使用なさっている方の方が、改善しているように思います。


逆に低反発のマットレスをご使用なさっている方の方が、腰痛になっている気がします。


マットレスは高いので、気軽に買い換えることが難しい商品ですが、「たかがマットレス、されどマットレス」。


マットレス一つで心地よい眠りが得られるかどうかは変わります。


「最近腰が痛くて朝が辛い」、「マットレスをいつ買ったのか覚えていない」、「朝起きても疲れが取れない」などに心当たりのある方は、マットレスの買い替えをご検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す