熱中症、脱水症状にご注意ください!

毎日うだるような暑さが続いておりますが、皆さま体調はいかがでしょうか?



こうも毎日暑い日が続きますと、大切なのが水分補給です。


ここのところ毎年のように、「熱中症に注意」といったニュースがよく流れるので、すでに注意していらっしゃる方も多いと思います。


多くの汗をかいた時に、水を一時的にたくさん取ると、体液の濃度が薄まってしまうため、カラダはこれ以上体液が薄まらないように「喉の渇きを一時的に止め、水を取らせないようにする」します。


しかし、これは体の防御反応として起きる現象であって、実際には体の水分は不足している状態ですので、水分は取らないといけません。


でも、「喉は渇いていない」状況に陥っているので、水分を取らず、その結果、脱水症状になってしまう。


これが「熱中症」になるメカニズムです。


成人の体内には体重の約60%の水分がありますが、汗や尿、呼吸などで、体重のわずか2%の水分が失われただけで著しい機能障害に陥ります。
(体重50キロの人なら、30Lの水分がカラダの中にあり、体重の2%に当たる1Lの水分が失われると起きるということです)


そのため、一度に多量の水分を取るよりも、よく言われる「小まめに水分を取る」ということがとても大事になってきます。


それと汗で失われた塩分を補うために、「適度な塩分の摂取」ということも併せて大事というのも、世の中にだいぶ浸透してきていると思います。


その時の水分補給に適しているのが、水やお茶ではなく、ナトリウムやカリウムなどのミネラルが含まれているOS-1のような「経口補水液」もしくはスポーツドリンクです。
写真-9

私論ですが、調べた結果、スポーツドリンクの中ではポカリスウェットがいいです。



*大塚製薬HPより画像引用


それは「ブドウ糖」が糖分として使用されているからです。


実は、そこがポイントで、糖分の種類によって吸収速度が変わることがある研究成果から示されています。
*砂糖は「ブドウ糖」と「果糖」が結合したものですので、分解されるのに多少時間を要するため、「低血糖になった時には砂糖よりもブドウ糖の方がいい」という理屈と同じです


水分は水だけよりも、「塩分」と「ブドウ糖」があると、吸収のスピードが速くなりますので、お茶や水よりも素早い吸収を必要としている時に適しています。

*水だけの時よりも塩分があった方が、水と塩分だけよりもそこにブドウ糖があった方が、より速く吸収されます
*ブドウ糖が小腸から血管内に入る際に、塩分と一緒に水を引っ張ることで小腸から血液中に吸収されます
*水分量についてはこの図では考慮していません


たとえば、水ばっかり飲むと胃がチャポチャポしてしまいますよね?


それは胃から腸へ運ばれる水分のスピードが遅いからです。


つまり、飲んでいても吸収されていない(血液中に入っていない)ので、「カラダの中には入っていない」ことと同じなのです。


余談ですが、寿司を食べた後、喉が乾きますよね(醤油を普段よりも取ってしまうので)?



その際に、水やお茶ではなく、OS-1のような経口補水液やスポーツドリンクを飲んでみてください。


喉の渇きはすぐに止まりますので。


ただ、正直、スポーツドリンクはちょっと甘過ぎます。


そのため、飲むときは半分くらいの濃さに薄めて飲むと、口の中に甘さが残りにくくなりますし、太ることを気にされる方にもオススメです。


それでも水分の吸収速度は水よりも速いです。


夏場にお出かけすることも多いと思いますが、お子様にも薄めたスポーツドリンクを飲ませてあげるといいですよ(我が家ではそうしています)。



コメントを残す

水素水は腎臓病に効く?

最近、巷で流行している「水素水」ですが、美容以外にもある分野で効果があるかもしれません。





それは「腎臓」です。


実は、以前当院に来られていた方から教えていただいた情報なのですが、その方の飼い猫が腎臓を悪くしてしまい、ある時ぐったりしていたそうです。


動物病院に連れて行っても「もう寿命かもしれないね」と言われ、最期を迎える覚悟をしていたそうです。


しかし、このままでは諦められず、色々と調べていたら「水素水が猫の腎臓病に効果があるかも?」ということになり、スポイトで少しずつ猫に水素水を与えたそうです。


そうしたら、何と、今までグッタリしていた猫が段々と元気になり、水素水を与えたその日の夕方には元気になったというのです。


調べてみると、たしかに猫の腎臓病への水素水の効果に関する事例がいくつかありました(原因は不明のようですが、猫は腎臓病になりやすい動物らしいです)。


その時は「へぇ〜水素水は腎臓にいいんだ」と豆知識的に捉えていました。


それから数ヶ月経ち、別の患者さんでご家族の方が腎臓が悪く、困っているという話を聞きましたので、「効果があるかどうかわからないのですが、猫の腎臓病に水素水が効果があるという知見がありますので、もしかしたら効くかもしれません」とお伝えしてみました。


その方がとても興味を持ってくださり、「知り合いで水素水を扱っている方がいるので早速試してみる」ということになり、ご家族の方に水素水を飲むようにお話しされたそうです。


そうしたら、何と!それからしばらくして血液検査をしたところ、そのご家族の方の腎臓の数値が良くなったというのです!




驚きました・・・。


猫だけではなく、人にも水素水が腎臓にいい働きをしてくれるようです。


おそらく、水素が持つ「還元作用(かんげんさよう)」によるものだと思います。


腎臓が活性酸素と呼ばれる物質によって傷つき、炎症しているところを水素の還元作用で活性酸素を捉えて活性酸素の働きを止め、結果として炎症が良くなる、というメカニズムなのだと思いますが、正確なところはわかりません。


まだ症例数が1件だけですので、効果の真偽についてはわかりませんが、水素水は飲んでも害になるものではないので、駄目元で試してみる価値はあると思います。


腎臓が悪くてお困りの方が身近にいらっしゃいましたら、ぜひ水素水の摂取をお伝えしてみてください。


なお、水素水と言ってもピンキリですので、水素濃度が高い信頼のおける商品をお選びください。


コメントを残す

4月1日から医療費の制度が変わります

4月1日から医療費の制度が変わります。


病院やクリニックなどの医療期間や薬局での金額がこれまでと変わる可能性があります。


代表的なものは、「薬局にお薬手帳を持ってきたか、持ってきていないか」です。


b57ce1dfea12f9ad3d64e4931045ebb5_s


これまでは薬局にお薬手帳を持っていくと、持っていかない時と比べて約20円ほど高く請求されていましたが、この4月1日からは逆に「お薬手帳を薬局に持っていかないと約30円〜40円ほど高くなる(医療費が3割負担の方の場合)」というように変わります。
*ある一定の条件があります


これはお薬手帳本来の趣旨が伝わっておらず、お薬手帳の有用性を啓蒙できていなかったことへの反省のようです。


では、お薬手帳を持つ有用性とは一体どういうことでしょうか?


お薬手帳はこんなことに役立ちます

1.ご自分のお薬の履歴を知ることができます(カルテとしての役割)
2.他のお薬との飲み合わせを確認できます(副作用の防止)
3.複数の医療期間から同じお薬が出ていないかを確認できます(重複、過量服用の防止)
4.災害や事故に遭ってもご自分のお薬の情報を正確に伝えられます(正確な情報伝達)


お薬手帳とは、皆さまが普段使用しているお薬の名前や効能、注意事項などを記入し、過去のお薬の服用履歴を記録しておくための手帳です。過去にいつ病気にかかり、どんなお薬を飲んだのかなどがいつでもわかる自分で持ち歩くカルテのようなものです。

また、このお薬手帳があることによって東日本大震災時には大変役に立ちました。医療機関を受診する際や、薬局に処方せんを出したり、市販薬を購入する際は毎回提出しましょう。


お薬手帳の正しい使い方

1.お薬手帳は一冊にまとめましょう(重複投与や副作用防止)
2.アレルギーや副作用歴は必ず書きましょう(副作用リスクの軽減)
3.医療機関や薬局には必ず持って行きましょう(正確な情報伝達)
4.市販薬やサプリメントを購入する時も提示しましょう(副作用リスクの軽減)



お薬手帳は何冊も持つ必要はありません。と言いますか、むしろ一冊にまとめないと意味がありません。


お薬手帳は、単にシールを貼るためのものではなく、お薬の飲み合わせやアレルギーの確認など、医師や薬剤師などの医療者が皆さまの医療に関する情報を共有するための大切な履歴です。


複数の病院や薬局に行っていて病院ごとや薬局ごとにお薬手帳を分けている方は、情報が分散してしまわないように一冊にまとめることが大事です。


できればかかりつけの薬局を作って、そこでお薬の管理をしてもらえると一番いいです。


そもそも病院にそんなにかからないからお薬手帳は必要ないんじゃないの?

そもそも病院にかからないし、飲んでいる薬がいつも同じだからお薬手帳はいらない、と考える方は少なくないと思います。


しかし、そういう方でもお薬手帳を持つメリットはあります。


例えば、医療者側にアレルギーを起こしたことのあるお薬の名前を伝え忘れた場合、処方されたお薬の名前は違っていても、実は「以前アレルギーを起こしたお薬と同じ成分だった」ということがあり得ます。


最近はジェネリック医薬品(先発品と同成分の薬)がたくさん出回っていますので、そういうことはあり得ると思います。


あまり病院に行かない方の場合、負担金でのメリットはあまりないかもしれませんが、先のような事例もありますので、ご自身の健康を守るためにもぜひお持ちいただくことをお勧めします。


また、「いつも飲んでる薬だからお薬手帳はいらない」という方でも、事故にあった際など、本人に意識がない場合はお薬手帳が重要な情報源になります。


医療機関や薬局に行かない時でも持ち歩くようにすると、不測の事態の際にも安心です。


お薬手帳をお持ちでない方はお薬手帳を薬局で作成してもらい(無料で作成できます)、お薬手帳をお持ちの方は毎回お忘れなく薬局に持って行きましょう。


単に医療費負担の高低の問題でなく、ご自分の安全や健康を守るためのツールとしてぜひ活用しましょう!

コメントを残す