リウマチの悪化に「気圧」が関係しているのは常識では・・・?

先日、「朝日新聞デジタル」というWebサイト
に、「気圧が低いとリウマチが悪化 通説は
湿気が原因ですが・・・」という記事があり
ました。私から言わせると「何を今更?」と
いう感じの記事ですが。

リウマチ


私の母は40数年もリウマチで苦しんでいる
ので、天気が悪くなりそうになる段階で関節
が痛くなったり、だるくなったり、といった
状態になります。もちろん、雨が降ったりす
ると余計にひどくなります。


湿気自体も症状を悪化させる一因です。梅雨
時は一年の中でも一番体調が悪くなる時期で
すので。これは健康な人であっても梅雨時は
体調が優れないので、湿気は万人に共通する
不快因子かもしれません。


今回の記事で特筆すべきは約2100人の患
者さんの症状と、その日の天気の状態を照ら
し合わせた疫学的データを集めた、というこ
とでしょう。


低気圧になるとどうしてリウマチが悪化するのか?

低気圧になるとどうしてリウマチが悪化する
のでしょうか?今回の報告では「理由は不明」
となっておりましたが、私なりの考察をした
いと思います。


ちょっと飛行機に乗った時のことを思い出し
てみましょう。飛行機に乗って上空に行くと、
気圧が低くなります。気圧が低いと、例えば
ポテトチップスの袋がパンパンになりますよ
ね?それは低気圧になると空気が外側に逃げ
ようとするからです。


逆に圧力鍋は高気圧なので、空気が内側に向
くようになるため、素材の中に味が浸透しや
すくなったり、柔らかくなったりするワケで
す。


関節の中には潤滑油のような働きをしている
滑液(かつえき)という液体があります。こ
れがあるおかげで、関節が滑らかに動き、曲
げたり、伸ばしたりすることができるのです。
関節の中は骨と骨の隙間で、その空間はいわ
ば、「部屋」のようなものです。低気圧にな
ると、滑液が飛行機の中のポテトチップスの
袋で見られるように、外側に逃げようとして
「部屋」の壁を押し上げます。


建物の「部屋」が圧力で広さが変わらないの
と同じように、骨と骨で囲まれた関節の中の
「部屋」も、気圧で広さは変わりません。そ
の変わらない部屋の壁を、低気圧になると滑
液が外側に押し上げるように働くために、関
節の内側にある神経が圧迫されて痛みが生じ
るのではないか?と推察されます。分かりづ
らい説明でお分かりいただけたでしょうか?
まあ、あくまでも持論ですが。


そのため、大きさが変わらない頭蓋骨や関節
腔(関節の中の隙間)を、低気圧になると血
液や滑液が骨を押し上げるため、リウマチに
限らず、偏頭痛や関節痛を持っている方は、
低気圧になると頭が痛かったり、関節が痛か
ったりするので、雨が降ることを予測できる
ワケです。


気圧の場合、日々変化しますし、人間の力で
どうなるものでもありませんので、対症療法
的ではありますが、その都度のこまめなケア
と温めることが、今のところ、最善の策では
ないか?と思います。

コメントを残す