風邪の引き始めには鼻うがいを!

台風26号の猛威が去った後、急激に寒くなってきました。私の周りでも
だいぶ体調を崩している人が多いです。


こうした季節の変わり目は風邪を引きやすいですが、風邪の引き始めに
私が実践していることの一つに、「鼻うがい」があります。


「鼻うがい」をご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんが、最近
では鼻うがいの薬も市販されていますので、手軽にできます。


私はコップに水を入れ、そこにスプーン小さじ1杯くらいの塩を入れた
塩水で鼻うがいをしています。具体的には、片方の鼻を抑えて、もう一方
の鼻の穴にその塩水を入れて口から出す、という原始的な方法です(笑)。


本当はぬるま湯の方が水よりもいいのですが。


ただ、慣れないとちょっとこのやり方はやりづらいのと、とても人様には
見せられない有様になる時もあります(笑)。


そこで、何かいい方法がないか、探していたら「洗面器を使う」という方法
がありました。洗面器にぬるま湯を張り、塩を入れて、そこに顔を付けて片
方の鼻を押さえながらもう片方の鼻でその塩水を吸う、という方法です。


慣れない時はこのやり方の方がやりやすいかもしれません。


ご参考までにこちらのイラストをご覧ください。
京都新聞のweb版に掲載されていたものです。


もしくは、洗浄器具を使っていただくと楽かもしれません。


塩水の濃度は体液とほぼ同じ0.9%がいいので、1リットルにつき9gの塩
という分量を目安にしてください。


いずれにしても、ポイントは鼻うがいをした後は、「必ず鼻をかむ」と
いうことです。


鼻うがいの後に鼻をかむと、通常の状態で鼻をかむよりも、鼻の奥にある
鼻水が出やすくなります。それによって症状を改善するという方法ですの
で、必ず鼻をかむようにしましょう。まあ、言われなくてもかみたくなり
ますが。


鼻には「鼻腔粘膜」というのがあり、ここに外から入って来た異物が引っか
かります。この鼻粘膜で外敵と戦うために免疫が働き、外敵と戦っている結
果として炎症が起きて、熱や痛みが生じる訳です。


また、鼻粘膜だけでなく、鼻水とともに喉まで送られた異物は、口から入って
来た異物と同様に喉の粘膜にも付着して、今度は喉を痛めます。


したがいまして、喉のうがいだけでなく、鼻のうがいも風邪の予防や引き始
めには、とても重要な対策になります。


たしかに慣れが必要なやり方ではありますが、効果はてきめんですので、この
風邪の季節にはぜひお試しください。


コメントを残す