脚のだるさには腸腰筋とお尻のストレッチを!その2

先日、脚のだるさには股関節の前側にある「腸腰筋(ちょうようきん)」のストレッチが効果的、とお伝えしましたが、股関節の後ろ側に位置する「お尻」のストレッチも大事です。


お尻の筋肉も脚を上げる運動に大きく関わる筋肉ですので、ここが硬くなっていると脚を上げにくくなったり、脚がだるく感じたりする原因にもなります。


お尻のストレッチはいくつかありますが、効果的と思われるものを2つご紹介します。


<その1>
①横座りするように座って脚を鍵状にします(外側の脚を90度に曲げる)。
足裏はもう片方の膝にくっつけます。



②外側の膝頭の中心に、自分の胸の中心が来るように体を倒します。
この時、息をフーッと細く吐きながらやります。



③膝頭と胸がくっつくように体を倒します。
この時、頭は丸めずにそのままの姿勢を保ちます。
手は横に大きく広げます。

息を吐ききったところで終了です。


これを両方行います。これで1セットです。


さらに、同じやり方で②で膝に付けていた足裏を膝から少し離して同じようにやると、先ほどとは違う位置のお尻の筋肉がストレッチされます。


膝からの距離を少しずつ離しながらやっていくと、細かい調整できますので、ご自分の状態や効かせたい場所に合わせて調整することができます。


<その2>
もう一つのやり方はごく一般的なやり方になりますが、下記の写真のように仰向けになって膝を抱えて、その膝の向きを変えてお尻や股関節をストレッチしていく方法です。







ストレッチはグイグイやるのではなく、グーッとゆっくりジワーッと伸ばすようなイメージでやる方が効果的です。


最初のうちは痛いかもしれませんが、「痛気持ちいい」くらいのところからスタートし、徐々に稼働範囲を広げていくようにしてみてください。


ストレッチは効果が出るまでには時間がかかるのに、止めるとすぐに硬くなってしまうという厄介者ですが、やればやっただけ効果は出ますので、地道にコツコツやっていきましょう!


コメントを残す