ダイエットにも?!砂糖を使わないチョコレート!

皆さんは砂糖を使っていないチョコレートをご存知ですか?


私は以前にその存在を知っていましたが、長いこと気にかけていませんでした。


「美味しくないのではないか?」と。


最近、あることがきっかけでその存在を思い出し、「どんな味がするんだろう?」と興味が湧いたので、購入して食べてみました。


その名も「ドクターズチョコレート」。




一粒がかなり小さいブロックになっていますが、食べてみると「普通のチョコレートと変わらない!」とそのクオリティの高さに驚きました!


それもそのはず。


このドクターズチョコレートには、砂糖の代わりに「マルチトール」という糖アルコールが使用されており、このマルチトールは麦芽糖を還元して得られるもので、砂糖の75%くらいの甘みを有し、また砂糖に似たスッキリとした後味が特徴とされています。


また、マルチトールは食物繊維と同じく、腸管からは吸収されずに排泄される性質があり、体への危険性は低いとされています。


さらに、使用されるカカオも化学肥料を一切使用しない厳選されたベルギー産のカカオを100%使用しているとのことで、チョコレートの香りもしっかりしているために満足度も高い仕上がりになっています。


これならば、糖質制限を余儀なくされた方やダイエットなどのために糖質を抑えている方で、「どうしてもチョコレートが食べたい!」という欲求が抑えられない時には最適だと思われます。


こんな素晴らしい商品だったとは、もっと早く知っていればと思いました。


ただし、砂糖が使用されていないからと言って、「糖質がゼロ」ということではありませんし、「糖類がゼロ」ということでもありませんので、「カロリーもゼロ」ということではありません(下記の写真の成分表示をご覧ください)。



実際に「糖質」の欄を見てみますと、「糖質15g」の記載がありますので糖質は「ゼロ」ではありません。


糖質はゼロではありませんが、糖質15gのうち、原材料のマルチトールが約12g含まれており、残りの約3gはおそらく同じ原材料の全乳分などに含まれている乳糖などによるものと思われます。


また、「糖類」の欄も見てみますと、「糖類2.5g」の記載がありますので、糖類もゼロではないことがわかります。


しかし、こちらも糖類2.5gのうちその全てが原材料の全乳分に含まれる乳糖で、砂糖(別名ショ糖)は一切含まれていない、という内容になっています。


砂糖(ショ糖)を使用していないので、血糖値を上げることがほとんどないため、血糖値を上げるスピードの指標となるGI(グリセミック・インデックス)の値を低く抑えることができる、というわけです。


そのため、例えば糖尿病の方や血糖値が高く、血糖コントロールが必要な方、あるいはダイエットをしている方などには、とてもオススメ(どうしても食べたい時という意味で)の商品と言えるのです。


値段は少々高いですが、一度試してみる価値はあるかと思います。


砂糖不使用で低GI食品であるにも関わらず、本当に普通のチョコレートと変わりないのには驚きです。


ただし、先にも述べた通り、マルチトールは食物繊維と同じで腸管から吸収されない性質を持つため、摂り過ぎると下痢を起こしてしまうことがあるので、美味しいからと言って食べ過ぎにはくれぐれもご注意ください。



スマホ首、ゲーム首にご注意を!

先日、小学校4年生くらいの男の子がゲームに夢中になり、真下を見るように首を折り曲げてゲームをしている光景を見ました。




いかにも「ああ、首を痛めるだろうな・・・」という姿勢でしたが、案の定、しばらくすると首をぐるり、ぐるりと回して自然と体操をし出しました。


間違いなく、首に痛みか、違和感を感じている証拠です。


「こんな小さい時から首を痛めていたら、将来どうなってしまうのだろう・・・」と、自分の子供でもないのにとても心配になりました。


間違いなく、ストレートネックになりますので・・・。


かく言う我が子も同じように悪い姿勢でゲームをしたりすることがあり、その度に注意をしています。


以前は先の男の子と同じように、首をぐるり、ぐるりと回すのをよくやっており(正直、見てて気持ち悪かったです)、「あ、首が悪いな」と思って、それに対してはすぐに首の矯正を行い、大事に至らないようにしていました。


その効果か、最近はめっきり首をぐるりとやる仕草は少なくなりました。


ゲームだけでなく、同様にスマホの操作でも下を思いっきり向いて、首が直角になるくらい曲げて操作している人を電車などでよく見かけますが、きっとこの方達も首や肩、そして腰に痛みなり違和感を感じているのではないかと思います。




特に若いうちはまだ成長過程で関節が柔らかいため、ある程度の年齢の方よりは影響は少ないですが、チリも積もれば山になりますので、そのうちひどいストレートネックによる首コリと肩コリ、頭痛などに悩まされると思います。


それを回避するには、スマホやゲームはやならいことが一番ですが、それはあまりにも現実的ではありませんので、せめて画面を見るときは、自分の目線の位置にまで画面を持って行き、操作することです。


私はいつも電車の中でも家でもそのようにしています。


自分の身は自分で守るしかありませんので、そのような対策をしていただけたらと思います。


1日に飲む水分量はどれくらい??

毎日毎日暑い日が続いていて、熱中症で倒れる方も続出しておりますが、皆さん、水分を1日どれくらい飲んでいますか?




また、一体1日にどれくらい飲めばいいのでしょうか?


一般的には「1日2リットル」と言われていますが、背の大きい人、小さい人、太っている方、痩せている方など皆さん体重が様々です。


それなのに、一律「1日2リットル」というのはちょっとおかしいと思いませんか?


体重に0.035をかけた値が一日に摂る水分量の目安

実は、ご自分の体重に「0.035」をかけると、その方に必要な1日の水分量の大体の目安を知ることができます。


例えば体重50kgの方ですと1.75リットル、体重60kgの方ですと2.1リットルがその方に必要な水分量の目安となります。


ちなみに、緑茶、コーヒー、紅茶などのカフェイン入りの飲料はこの水分量には含みません。


それはカフェインには尿を外に出す効果があるためで、カフェインの摂取で体内が脱水傾向になってしまうからです。


また、ジュース類は糖分が多過ぎてしまうので、ジュースで水分量を稼ぐのはふさわしくありません。


当然のことながら、水分量という意味ではお酒は全く持ってNGです。お酒には「強い脱水効果」がありますので。


【水分に適さない飲料】
・緑茶、コーヒー、紅茶など(カフェインが入っているので)
・ジュース類(糖分を取り過ぎてしまうので)
・お酒類(強い脱水効果があるので)



では、一体何が適しているのか?ということですが、水、麦茶、玄米茶、十六茶などの健康茶、ハーブティーなどのノンカフェイン飲料がオススメです。


ほうじ茶でもOKです(ほうじ茶はローカフェインです)。


ただし、これでは塩分を補給できませんので、汗をすごくかいた時や喉がとても渇いている時は、以前にもお伝えしたOS-1やポカリスウェット(半分に薄める)を上手に補給しながら、水分の吸収力を高め、熱中症になるのを防ぎましょう




【水分としてふさわしい飲料】
<ノンカフェイン>
・水
・麦茶
・玄米茶
・十六茶のような健康茶
・ハーブティー

<低カフェイン>
・ほうじ茶

<塩分補給>
・ポカリスウェットのようなスポーツドリンク(糖分の取りすぎに注意)
・OS-1のような経口補水液(ただし1日の摂取目安量あり)




なぜ一日に2リットルの水分が必要と言われるのか?

ちなみに・・・なぜ「1日2リットルの水分が必要」と言われているかご存知ですか?


それは成人の場合、1日約1.5〜1.8リットルの水分が尿として排泄されるためです。


そのため、「1日2リットル飲めばそれを確実に補える」ということで、その量が提唱されています(個人の体重とは無関係に)。


また、夏場は尿での排泄に加えて、汗でかなりの水分も失われますから、「喉が渇いた」と感じる前に、こまめにこまめに水分を補給していきましょう。


「こんなに飲めない!」と思われるかもしれませんが、朝起きてから寝るまでの間の時間なので、意外と取れるものです。


「それでも、難しいな」と思う方は、まずは最初は取れる量からスタートしていきましょう。


また、キンキンに冷えた状態よりも、常温から温かい温度の状態の方が量を多く飲むことができます。


胃腸も冷やさない方がいいので、夏場とはいえ、冷えた状態で飲むのはできるだけ避けましょう。


なお、お酒をよく飲む方は「体重×0.035」リットル以上の水分が必要になりますので、くれぐれもご注意を・・・


当院ではこうしたお話しを施術中や施術後にさせていただいていおります。


実行するかしないかは皆様次第ですが、少しでも皆様の健康にお役に立てるように、必要な方にはこのようなアドバイスをさせていただいております。


ご興味のある方はご質問だけでも構いませんので、ぜひ一度ご連絡ください。
お待ちしております。