サプリメントって必要?

サプリメントとは、「ライフスタイルの中で不
足する栄養素を補うもの」
です。


そのため、薬ではなく、あくまでも「普段の食
生活で足りないものを補うもの
」である、とい
うことをご理解ください。


逆に言えば、普段の食生活が偏りなくバランス
が取れていれば、サプリメントは必要ない、と
も言えます。


つまり、ライフスタイルの基本は「食事」にあ
る、ということになります。


ビタミンやミネラル、という言葉をよく耳に
しても、実際それらがどのような働きをして
いるかについてはあまりよく知らない、とい
う方がほとんどだと思います。


ビタミンやミネラルが体の中で必要とする量
はごくわずかですが、生きていくためには必
要不可欠な存在で、これらが体の中で不足す
ると様々な病気や障害が引き起こされてしま
います。


ビタミンやミネラルの大部分は体の中で作り
出すことができないため、食事として外から
摂らなければなりません。


そのため、食事は単に空腹を満たすものでは
なく、人間が生きていく上で必要不可欠な栄
養素を取り入れる大切な時間と捉えてくださ
い。


しかし、食事だけで全ての栄養素を過不足す
ることなく万遍なく摂り入れる、というのは
なかなか難しいですし、インスタント食品や
加工食品、清涼飲料水などをまったく口にし
ないで生活する、というのも現実的ではあり
ません。


また、糖分や脂分などを摂り過ぎて、必要以
上にビタミンやミネラルを消費してしまって
いる可能性もあります。


さらに、現在飲んでいるお薬を体の中で分解
するときに必要な酵素の働きにも、ビタミン
やミネラルが関わっており、お薬が分解され
るときにはビタミンやミネラルが消費されて
しまいます。


そのため、食事だけでは不足しがちなビタミ
ンやミネラルを、サプリメントで補充する必
要があるのです。


とは言っても、サプリメントはあくまでも食
品。薬ではありませんし、「サプリメントだ
け飲んでいれば健康!」とは言えません。


上述の通り、あくまでも「食事で足りない栄
養素を補うもの」です。


サプリメントに頼り切らず、ご自分のライフ
スタイルを見つめ直して、上手にサプリメン
トを取り入れたいものですね。


インフルエンザワクチン打ちましたか?

皆さんはインフルエンザのワクチンはもう打ち
ましたか?


私はつい先日打ちました。本当はもう少し後に
打ちたかったんですが、諸事情により、希望よ
りも早めに打つことになりました。


インフルエンザワクチンを打ったとしても、イ
ンフルエンザにかからないというワケではあり
ません。ただ、もしかかっても重症化しないと
いうことは確実に言えます。


そのため、インフルエンザワクチンは打たない
よりも打った方がいいです。


幸いにも、私はまだインフルエンザに罹ったこ
とがありません。インフルエンザは風邪の症状
とよく似ているため、風邪なのかインフルエン
ザなのかわからない方もいらっしゃると思いま
す。


そこで、簡単に風邪とインフルエンザの違いに
ついてお話ししたいと思います。


風邪の場合、熱も出ますが、初期症状の場合は
くしゃみや鼻水・鼻づまり、喉の痛みといった
喉や鼻に関する症状が中心となります。


一方、インフルエンザの場合は、急激に38度
〜40度の高熱が出たり、寒気、全身のだる
さ、関節の痛みが強く出て、しかもこれが3〜
5日くらい続くという特徴を持っています。


ただ、インフルエンザにかかった後期には、風
邪と同じように鼻の症状も出たり、くしゃみも
出たりするため、風邪と勘違いしてしまうケー
スがあります。


「インフルエンザかな?」と思ったら、やはり
近隣のクリニックでこの症状がインフルエンザ
ウイルスによるものかどうかの検査をする必要
性があります。


ここで大事なことは、インフルエンザは「ウイ
ルス」であって「細菌ではない」ということで
す。


つまり、風邪の症状の場合、風邪のウイルスに
よるものもありますが、細菌による症状が強い
ので細菌をやっつける「抗生物質」が使われま
すが、インフルエンザは「細菌ではない」の
で、抗生物質が効きません。


そのため、「風邪かもしれない」と思って抗生
物質を飲んでもインフルエンザの症状は治まら
ず、むしろ長期化してしまう恐れがあります。


そして、その間周りの人にインフルエンザウイ
ルスをまき散らしていることになります・・・


従って、「インフルエンザかも?」と疑いを
持ったら速やかに検査をすることが大事になる
ワケです。検査自体も30分ほどで結果が出る
ような「キット」が使用されています。


ただ、「すぐにやればいいのか?」というと必
ずしもそうではなく、あまり早過ぎてしまうと、
インフルエンザウイルスを感知できずに「陰
性」という結果が出てしまうので、
状が出てから48時間以内(2日以内)に検査
をする
というのが目安になります。


この「48時間以内」というのはインフルエン
ザの症状を和らげる「タミフル」や「リレン
ザ」といった薬が効果を示すことができるリ
ミットでもあります。


この48時間を過ぎてしまうと、これらの薬の
効果があまり期待できなくなりますので(でも
飲まないよりは飲んだ方がいいですが)、48
時間以内の検査と薬の服用がとても大事です。


また、インフルエンザの時には熱を下げる解熱
鎮痛薬が出されますが、ロキソニンやボルタレ
ンといった系統の解熱鎮痛薬の服用は避けた方
がいいです。


それは、インフルエンザが呼吸器にも影響する
上に、これらの系統の薬は気管支を狭めてしま
い、咳や喘息などの呼吸器疾患を助長する可能
性が高いからです。


そのため、インフルエンザの時には「アセトア
ミノフェン」という成分が入った解熱鎮痛薬を
選択することが大事です。


風邪かインフルエンザか分からない時にはこの
「アセトアミノフェン」が入った解熱鎮痛薬を
服用しましょう。


病院からもらう薬だと「カロナール」、ドラッ
グストアで買える薬だと「タイレノール」や
小児用バファリン」が有名です。


次回はインフルエンザウイルスのことについ
て、もう少し詳しくお話ししたいと思います。

インフルエンザって何?その1

インフルエンザのこと、知っているようで知ら
ないこと、ありませんか?


インフルエンザはA型からC型までの大きく3種
類に大別されます。


これがニュースなどで耳にする「A香港型」と
か、「Aソ連型」などで表現されるものです。


それぞれの特徴は・・・

<A型>
毎年冬期に流行する。変異が多い。ヒトだけで
なく、トリ、ブタにも感染する。変異が多いた
め、免疫は長く続かない。だから毎年ワクチン
を接種することになる。

危険性がすごく高い。

<B型>
毎年冬期に流行する。ヒトにのみ感染する。
変異は少ないので免疫が長く続く。
危険性は高い。

<C型>
季節によらず4歳以下に感染する。一度かかる
とほとんど一生免疫が持続する。
危険性は低い。


皆さんがよく耳にするのは、A型とB型ですが、
A型とB型はほぼ症状が同じ(急激な高熱、
悪寒、全身倦怠感、筋肉痛、のどの痛み、鼻
水など)なので、症状からは見分けがつきま
せん。


ただ、B型の場合は消化器症状が強いため、
それによって判別されることもあります。


しかし、問題となるのはB型ではなく、A型
です。


それは、ウイルス(細菌もですが)がもつ
「変異」という性質がA型の方が強いからで
す。


細菌と違って、ウイルスは自分では生きられ
ず、他の生物に寄生しないと生きられないの
です。


ちょっと専門的な話しになりますが・・・


インフルエンザウイルスの表面には、ヘマグル
チニン(HA)という糖タンパクとノイラミニ
ダーゼ(NA)という糖タンパクが存在します。


<ヘマグルチニン(HA)>
感染する相手の細胞の表面にくっつく「スパイ
ク」的な役割を持つ。

<ノイラミニダーゼ(NA)>
感染した相手の細胞から離れて、次の細胞に移
る役割を持つ。

*クリックすると図が出ます
インフルエンザウイルス



ヘマグルチニンはインフルエンザウイルスが寄
生する(宿主)細胞にくっつく、という役割を
しています(スパイク的な役割)。


インフルエンザウイルスは寄生する細胞にくっ
ついた後、その細胞の中へ侵入していき、その
細胞の核に自分の遺伝子を送り込み、自分の代
わりにインフルエンザウイルスを増殖してもら
うのです。


自分では生きていけないので・・・


ただ、インフルエンザウイルスをせっかく増殖
してもらっても、そのままでは増殖してもらっ
た細胞にくっついたままです。


そこでノイラミニダーゼという酵素によってそ
の細胞から切り離せるようにします。それによ
って次の細胞に感染することができるのです。


つまり、「生き延びることができる」というこ
とです。


このように、インフルエンザウイルスはどんど
ん感染を広げていき、生き延びようとします。

*クリックすると感染メカニズムの図が出ます
インフルエンザ感染



抗インフルエンザ薬の「タミフル」や「リレン
ザ」、「イナビル」などは、このノイラミニ
ダーゼの働きを抑える薬です。


そのため、インフルエンザウイルスがある細胞
に感染してインフルエンザウイルスを増殖させ
ても、そこから切り離すことができないため、
他の細胞に移れない、つまり「感染が広がらな
い」ということになります。


これでタミフルなどの抗インフルエンザ薬が
「治療薬」ではなく、「早く症状がよくな
る」、「重症化を防ぐ」薬だということがお
わかりいただけるのではないかと思います。


そして、なぜインフルエンザの症状を発症し
てから「48時間以内」に服用しないと効果
が弱まる、ということも。


つまりは、これらの薬は、「さらなる感染を
防ぐ」薬だからなのです。


次回は、「なぜ毎年インフルエンザのワクチ
ンを打つ必要性があるのか?」について触れ
たいと思います。