目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

【ダイエット脳を鍛える方法6】急激に血糖値を上げてはいけないのはなぜ?

こんにちは。目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

前回は「ダイエット脳を鍛える方法6」で「糖質と血糖値の関係」について概略をお話しました。

 

 

今回はその続きのお話になります。

 

 

よく「血糖値が上がりやすくなるからこの食べ物はダメ」だとか「血糖値が上がりにくい食べ物だから大丈夫」など、血糖値の上昇について議論されているのを耳にすると思いますが、「なぜ急激に血糖値を上げてはいけない」のでしょうか?

 

 

それは、「中性脂肪が溜まりやすくなるから」というのが答えになります。

 

 

食事を急いで食べたり、血糖値を上げるものを食べ過ぎたりして、血糖値が急激に上がってしまうと、血糖値を下げるためにインスリンもそれに呼応して大量に分泌されてしまいます(①)。

 

 

 

しかし、以前にもお話したように肝臓や筋肉はブドウ糖を入れるスペースが限られているため、インスリンを分泌して血液中のブドウ糖を肝臓や筋肉に持っていっても、「急にたくさん持ってきても処理できないよ」と断られてしまうことになります。

 

 

ちょっと漫画的な表現になりますが、血液中の大量のブドウ糖を出し入れしやすい「普通預金」の形で処理しきれなくなって困ったインスリンは、スペースに余裕のある脂肪細胞にお願いし、中性脂肪という引き出すのが面倒な「定期預金」の形に変えてでも、エネルギーを保管しておいてもらおうとします(②)。

 

 

さらに、インスリンが「これ以上血糖値が上がらないように!」と肝臓でのグリコーゲンの分解を抑えてブドウ糖にしないようにしたり、肝臓や脂肪細胞での中性脂肪の分解を抑えてエネルギーを溜め込む方向に持って行ってしまうので、余計に中性脂肪として溜まってしまうのです(②)。

 

 

実は、これが血糖値が急激に上がると一番やっかいなこと(中性脂肪が溜まりやすくなること)です。

 

 

では急激に血糖値が上がらなければどうなのでしょうか?

 

 

急激に上がらなければ、門脈から肝臓へのブドウ糖の輸送やインスリンが筋肉にブドウ糖を運ぶ作業も余裕を持って対処できます(③)。

 

 

そのため、肝臓は門脈からのブドウ糖を、筋肉はインスリンが運んできたブドウ糖を少しずつ空いているスペースに入れつつ、溜まっていたブドウ糖を少しずつエネルギーとして使うことができるようになります(③)。

 

 

言わば、ブドウ糖を「出しては入れ、出しては入れ」と落ち着いて処理することができるのです。

 

 

そのため、脂肪細胞にお願いしなくても肝臓と筋肉だけで処理できるので、中性脂肪として蓄えられずに済むというワケです(③)。

 

 

仕事でも、急にたくさんの量を「すぐに処理しろ!」と言われてもこなすのは難しいですが、少ない量ならば「すぐに処理しろ!」と言われてもこなしやすいのと同じことです。

 

 

また、急激に上がるということは、急激に下がるということでもあります。

 

 

この「急激に下がる」という時に「糖質が欲しい!」という欲求が増してしまうので、血糖値の急激な上がり下がりを繰り返すと、「糖質」に対する依存度が高くなり、「炭水化物(糖質)依存症」になりやすいのです。

 

 

実は、このメカニズムは麻薬や覚醒剤などを欲するのと同じ仕組みです。

 

 

一方、血糖値の上昇が緩やかだとブドウ糖が持続的に吸収されるため、血糖値をキープしやすく、「お腹が空いた」と感じにくくなります(④)。

 

 

つまり腹持ちがいいのです。

 

 

実際に、ゴルフボールよりも少し小さいくらいの大きさのおにぎりを、1つずつ2時間おきくらいに食べると、たったそれだけの量しか食べていないのに全くお腹は減りません(1日の量としては、わずかおにぎり1個分ちょっとくらいの量でも)。

 

 

つまり、血糖値が高くならないように一定に保つこと、血糖値が急激に上がりすぎないような食べ方、素材、内容がダイエットをする上ではとても大事なのです。

 

 

このように、血糖値の上昇と中性脂肪の蓄積には密接な関係性があるのです。

 

 

次回は血糖値を上げやすい食べ物の指標である「グリセミック・インデックス(GI)値」について少し触れたいと思います。

 

 

 

 

●●当院では整体以外にも、「ダイエット脳を鍛える」ことを目的としたダイエットレクチャーも行なっております●●

整体料金

 

 

コメントを残す