肘の関節の痛みは肘以外の部位に原因があります

肘の関節が痛い時、肘の関節そのものに何かがあったのではないかと思われますが、実は肘そのもの以外の部位に原因があることがあります(もちろん、肘そのものに原因があることもあります)。


関与する部位としては、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)という力こぶを作る時に使われる筋肉、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)という上腕二頭筋の裏側の筋肉です。

上腕二頭筋
*上腕二頭筋

上腕三頭筋
*上腕三頭筋


これらに加えて、前腕の筋肉群、中でも前腕の裏側の屈筋群のケアも大事になります。
腕橈骨筋
*腕橈骨筋(わんとうこつきん)

肘筋
*肘筋(ちゅうきん)





これらの筋肉の使いすぎで筋肉に乳酸が溜まり、それによって筋肉が硬くなるので関節が硬くなり、曲げ伸ばしの時に痛みが出る、という流れです。


関節は筋肉によって動かされるので、その筋肉が硬くなれば関節も硬くなる、というのが理屈です(これは膝にも当てはまります)。


ですので、神経的な影響(骨がズレて神経の圧迫が起こる)による筋肉の硬さでなければ、そのほとんどは筋肉的な影響ですので、筋肉のケアが最初に行うケアになります。

乳酸取り1_5942
*乳酸を取る施術の風景です


ケアをしながら関節を動かし、「どこが張っているのか?」、「どこに引っかかりがあるのか?」を診ながら、さらに筋肉を緩めて関節の動きを楽にしていきます。


エステやアロマなどのセラピストの方やゴルフ、テニス、野球など腕をよく使う方は、小まめな腕のケアをしておかないと、乳酸蓄積によって肘が痛くなりますのでお気をつけください。




コメントを残す