施術後の「体の揺れ」が腰痛改善の目安です

腰痛の方に限ったお話ではありませんが、うつ伏せの際、腰痛の方のほとんどが上半身と下半身が一本の棒のようになっていて、体を揺らしても同じ方向にしか揺れないという状態になっています。




また、上半身と下半身は別々に揺れるものの、右側や左側のどちらかに偏っていて、両方向に均等に揺れないという状態もよく見受けられます。


そのため、腰痛(特に疲労系の腰痛)の場合、改善の目安は「上半身と下半身が別々の動きをしながら、均等に揺れる」ということになります。


この時に大事になってくるのが、「腰そのもの」よりも「臀部(お尻)の筋肉」です。


臀部の筋肉が硬くなっていると、腰も硬くなっています。腸腰筋(ちょうようきん)という股関節側の筋肉も硬くなっています。

*囲ってあるところが腸腰筋


そのため、腰だけでなく、臀部や腸腰筋を緩めることが腰痛改善にはとても大事になってきます。


では、どうして腰痛の場合、上半身と下半身が別々の動きが出来なくなるのか?


それは「首がズレる」からです。


首がズレているので、背骨がそれをカバーするように首とは反対側にズレ、さらにそのバランスを取ろうとして骨盤の向きがズレるためです。



人は両方の目の目線の高さが水平になるように、首や背骨などの高さの傾きを調節しながら動いていますが、首がズレていると、最初のスタートからズレた状態で目線が水平になるように調節しているので、そうした歪み(ひずみ)が骨格全体に及び、それに伴って筋肉にも影響が出てきてしまう、ということになります。


骨格がズレると、筋肉が「これ以上ズレないように!」と一生懸命頑張って硬くなることで、それ以上のズレが起きないようにしてくれているので、体の柔軟性が失われてしまい、上半身と下半身の動きに柔軟性が出ず、痛みが出てしまう、というのが簡単に言い表した表現になります。


そのため、当院では「首から正す」ということを主体とし、まずは首の矯正から行い、体全体を整えていくという施術をしております。


腰痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。




コメントを残す