私が整体師になったワケ 最終回

このシリーズもいよいよ今回で最終回になり
ます。


私のくだらない人生の1ページのお話しに、こ
こまでお付き合いいただきありがとうございま
した。


さて前回お話しした通り、私が今、整体師とし
て活動することに大きな喜びを感じることがで
きるのは、二人の偉大な師匠と、もう一人、感
謝しなければいけない大事な人がいるからです。


それは・・・


嫁さんです。



そう言うとちょっと誤解を受けるかも知れませ
んが、これは決して「のろけ」ではありません。



実は私が

「大学を辞めて整体師になろうと思っている」

と話した時は、まさに婚姻届を出したばかりの時でした。



普通はそんな時に突然、

「辞める。で、整体師になる」

なんて言われたら、


「はぁ???何考えてんの???」


ってなるのが関の山です。



しかし彼女は
「やりたいことをやればいいんだよ」
と言ってくれたのです。



「私が、あなたがやりたいことの足かせに
はなりたくない」とも。


もし彼女に反対されたとしたら、ここまで強い
意志を持って行動できたかはわかりません。


彼女は中学生の頃から「薬剤師になる」とい
う目標を持っていて、その目標にしていた薬
剤師になり、某大学病院で働いている(当時)
ことに喜びを感じていたようなのです。


そのため、夢を叶えられた喜びがどれほどの
ものかわかるため、私の気持ちを理解してく
れたようなのです。


さらに・・・



大学を辞めた後、実家の会社でなかなか思うよ
うにならずに悶々としていた時も、

「やりたいことがはっきりしているのに、なん
でやらないのか私にはわからない」

と私の尻を叩くように背中を押し続けてくれた
のです。



そして・・・


いざ、会社を数ヶ月後に辞める、ということが
正式に決まった後に妊娠が発覚しました。


私は整体師になると決断したものの、これから
家族が一人増える状況に正直、ひるむ自分がい
ました。


嫁さんが働けなくなる。自分の収入も未定。

「食べていけるのだろうか?」と。



そんな時も・・・

「ダメな時は二人で薬剤師として働けば生活は
できるから大丈夫だよ」

と支えてくれたのです。



彼女が薬剤師でなければ、私もこういう決断は
できなかったと思いますし、彼女も自分が薬剤
師でなければ、こんな応援はできなかったかも
しれません。


それでも彼女の支えがあって、大学を辞める決
心ができ、整体師になる決断ができたことに間
違いはありません。


そしてそのおかげで今、整体師として活動でき
ていることにとても大きな喜びを感じています
し、幸せな人生を歩ませてもらっていると感じ
ています。


だから・・・


絶対に成功して生活の心配をさせないようにし
よう、と思っています。



何をもって「成功」と呼ぶかは人ぞれぞれで
すが、

「お金を心配することなく生活ができ、家族み
んなが笑って過ごせる毎日を送ること」

が私の場合の「成功」です。



整体師としても人としても、もっともっと成
長し、患者さんから信頼していただけるよう
に・・・


少しでも多くの苦痛に悩む患者さんの力になれ
るように・・・


そして、


一人でも多くの方に喜んでいただけるよう
に・・・


これからも精進していきます。



皆様の

「痛みが取れた」、「楽になった」

というお言葉が、私が整体師でいられる何よ
りの励みであり、喜びです。


皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたし
ます。



*このシリーズ終わりです
長期に渡るご愛読ありがとうございました



←その15