目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

【改善症例6】首のズレによる腰痛の典型例

こんにちは。目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

今回は下記のような症状で来られた方の改善症例のご紹介です。

 

 

 

性別:女性
年代:30代
主訴:3日前から急に首と腰が痛くなった。下を向くのが辛く、腰まで痛くなる感じ。腰はかがめないほど痛い。

 

 

昨日来られた患者さんですが、3日前から急に首が痛くなり、下を向いていられないほど辛く、また頭痛もして気持ちも悪くなるとの訴えがありました。

 

 

さらに、下を向いた時に腰まで痛くなる感じとのことでしたので、おそらく首のズレから来ている腰痛ではないか?と推察しました。

 

 

そこで、首と腰をチェックしてみると、首はかなり張りが強く、左頚椎の3番にズレがありました。

 

 

また、骨盤は右に傾いている状態でした。

 

 

これは首が左にズレているために、顔は自然と右に向きやすい状態になり、それをカバーするために上半身はそれとは反対の左に向きやすくなり、さらにそれをカバーするために骨盤が右に向きやすい、というように、上から下に歪みが落ちている典型的な例でした。

 

 

このような状態の時は先に腰を緩めるのではなく、先に首のズレを取り、その後に腰のズレを取ってから腰を緩める方が改善されやすいです。

 

 

そこで、まず左頚椎3番のズレを取り、右頚椎にもズレがあったため、そのズレを戻しました。

 

 

この時点で、かなり首の張りが取れたため、下を向けるようになったかを確認していただいたところ、

 

「下を向けるようになり、首の状態も普通の状態に戻りました!」

 

と改善が認められました。

 

 

さらに、腰椎の矯正を行い、腰の状態を確認していただくと

「腰の痛みがない!前屈しても全然大丈夫になりました!」

 

と腰の痛みも改善されました。

 

 

「もうこのままずっとこの状態だったらどうしようと思ってました。こんなにすぐに治るものなんですね!」

 

 

と喜んでいただけました。

 

 

この方の場合の腰痛は、首のズレからくる典型的な例ではありますが、このように首のズレが原因で腰痛になります。

 

 

そして、ズレを取るだけで筋肉を緩めなくても痛みが取れるケースもあります。

 

 

そのため、当院ではまずズレを取り、神経の圧迫をなくしてから筋肉にアプローチするようにしています。

 

 

それはその方が効率的で改善できるスピードが速いためです。

 

 

この患者さんによくよくお話しを伺ったところ、

 

 

「最近、ソファーでゴロゴロしていた」

 

 

とのことでした。

 

 

ソファーで寝ると首がズレることが結構あります。

 

 

先日も「ソファーで寝ていて寝違えた」という方がお見えになりましたし、ベッドではなくソファーで寝ると背中もすごく張ってしまいます。

 

 

やはりソファーはソファーなので、残念ながらベッドの代わりにはなりません。

 

 

疲れたり、飲んで帰ってきたりすると、ついついソファーで寝てしまうこともあると思いますが、ソファーは思いの外、体に負担がかかるということを覚えておいてくださいね。

 

 

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約フォーム

 

コメントを残す