目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

腰部脊柱管狭窄症の原因は「首のズレから来る体の捻れ」

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、どうして狭窄症になってしまうのか、その原因はあまりよくわかっていません。

 

 

私の経験上ですが、脊柱管狭窄症の方は「首がズレて」います。

 

 

そしてその首のズレの影響で上半身(胸椎)と下半身(腰椎)に、雑巾絞りのような「捻れ」が生じ(ズレも生じます)、その「捻れ」が脊柱管を圧迫してしまうため、狭窄が生じると考えています。

 

 

ポイントは「上半身と下半身の捻れ」です。

 

 

つまり、例えば上半身は左に、下半身は右に、というようにそれぞれが逆方向に体が捻れてしまっている、ということです。

 

 

仰向けになって寝ていただくと、その状況がわかりやすいです。

 

 

改善方法としては、首のズレ、胸椎のズレ、腰椎のズレを取って「捻れを解消する」ということになりますので、首、胸椎、腰椎の矯正がとても大事になってきます。

 

 

もちろん、一度で捻れが解消される訳ではありませんので、何度か施術していく必要はありますが、施術回数に比例して症状がよくなっていくことを経験しているため、おそらくこの理論は脊柱管狭窄症を改善する有力な理論の一つと言えるのではないかと考えております。

 

 

ただし、症状の程度にもよりますので、全てではありませんが。

 

 

症状の程度によっては手術をしないで済むケースがありますので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

 

お困りの方のお役に立てたら幸いです。

 

コメントを残す

足がつるのは腰から!

先日、患者さんから「最近、夜中に足(ふくらはぎ)がよくつるんです」というお話を伺いました。

足がつってしまう要因には下記のようにいくつかあります。
・水分不足
・ミネラル不足
・冷え
・腰の張り、詰まり
・筋肉が張っている

今回の方の場合は、明らかに「腰の張り」からくる「筋肉(ふくらはぎ)の張り」でした。

それはなぜかと言いますと、足がよくつる側(今回は左)の腰が張っていて、ご本人もその腰の張りを自覚していたからです。

施術法としては、まず腰椎のズレを取ります。

これだけでも太ももやふくらはぎの筋肉の張りはかなり取れます。

それは腰から出ている「坐骨神経」という神経が腰からお尻、脚、つま先まで通っているからです。

そのため、腰椎のズレがあると坐骨神経を圧迫するため、坐骨神経に沿って筋肉は硬くなりやすくなります。

腰椎のズレを取った後は、張ってしまっている足がつる原因箇所を緩めていきます。

足がつってしまった箇所は、いわば筋肉が肉離れのような状態になっていますので、触ればわかります(何度も何度も同じ箇所をつってしまっていると、本当に肉離れになってしまいます)。

そこを筋繊維を一本一本バラバラにするようなイメージで緩め、繊維が修復しやすいような状態にしていきます。

このような施術で再発を防ぎます。

これからますます暑くなってきますと、気づかないうちに水分不足になりますし、時期的に朝晩はまだ冷え込みますので、余計に足がつりやすい環境が整ってきます。

皆様もこまめな水分補給とともに塩分などのミネラル補給もお忘れないようにお願いいたします。

また、漢方薬の「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」は、足がつる時によく使われる漢方ですが、これは効果がありますので、「足がよくつってしまって辛い」という方にはおすすめです。

コメントを残す

寝違え、ギックリ腰が多くなる季節です

最近、5月とは思えない陽気が続いておりますが、それでも朝晩は冷えますね。

こういう時期は寝ている時に薄着で寝たり、日中外出して汗をかいた後、冷房に当たることもあったりと、気づかぬうちに体が冷える状況になりやすいです。

こうした状況は寝違えやギックリ腰になりやすいので、注意が必要です。

最近、こうした方のご来院が多いので、皆様もくれぐれもお体を冷やさないようにご注意ください。

ちなみに、寝違えも首のズレが原因ですので、「横に向きにくい」、「横を向くと痛い」というのがなかなか取れない場合には、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

なお、ギックリ腰も首のズレが原因で起こります。

首がズレることによって上半身と下半身の「捻れ」が生じてしまい、その捻れの部分の筋肉に負荷がかかっている、というのがベースにあって、そこに冷えや疲労や急激な負荷などによってギックリ腰が起きてしまうからです。

ギックリ腰になった方のほとんどは首が悪い方ですので、そう考えると、首は本当に大事ですね。

「以前にギックリ腰をやったことがある」、「何となくギックリ腰になりそうな気がする・・・」などの方は、お早めにご相談ください。

コメントを残す