目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

やはり最近は寝違えが多いです!

先日、「寝違え、ギックリ首が多発してます!」というブログを掲載しましたが、やはり最近寝違え系の方が多いですね。 原因は「寒さ」ということが大きなものになるかと思いますが、それも普段のパソコン、スマホ生活で「首が硬くなっている状態に寒さがプラスオンされる」ために引き起こされるのではないかと思われます。 普段からこまめなストレッチが必要ですが、なかなかどうやればいいかわからないですよね・・・。 首コリ解消ストレッチ 上記のサイトではイラスト付きで「首コリ解消ストレッチ」のやり方を説明してくれてますので、とてもわかりやすいと思います。 日頃のセルフケアと冷え対策で、寝違え、ギックリ首を予防しましょう!

コメントを残す

寝違え、ギックリ首が多発しています!

こんにちは。目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

「今シーズンは暖冬」と言われていますが、さすがに冬ですのでここのところ急に冷え込んでいます。

 

 

その影響か、「寝違え」や「ギックリ首」になってしまう方が多発しています。

当院にも昨日だけでお二人、それぞれ数日前からの「寝違え」と重いものを持った時になってしまった「ギックリ首」で、首と首から肩にかけての痛みと張りでご来院されました。

 

 

以前にもこのブログで書かせていただきましたが、「寝違え」や「ギックリ首」になっている時には「首がズレている」状態ですので、頚椎矯正で首のズレを戻してあげる必要があります。

 

 

時間が経つと次第に痛みは減っていくことがありますが、それは「寝違えやギックリ首が治ったのではなく」、ただ単に「痛みが取れただけ」ですので、「首のズレが治ったわけではない」のです。

 

 

そのため、またしばらくすると寝違えたり、ギックリ首を再発してしまうのです。

 

 

首のズレが残ったままなので。

 

 

ですので、痛みの有無にかかわらず、寝違えやギックリ首になった場合は、きちんと頸椎矯正をしてズレを取り除く必要性があります。

 

 

また、寝違えやギックリ首にならないように予防するために、寝る時に「ネックウォーマー」をして寝ると首元が温まるため、首が冷えずに済むので寝違えやギックリ首を防止することができます。

私は毎年この時期は欠かさずネックウォーマーをしながら寝ています。

 

 

首元が温かい状態で朝起きることができるので、「寒くて布団から出たくない!」というのも軽減されるメリットもあります。

 

 

まだお試しになったことがない方は、ぜひ一度お試しください。

 

 

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約フォーム

 

コメントを残す

腰部脊柱管狭窄症の原因は「首のズレから来る体の捻れ」

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、どうして狭窄症になってしまうのか、その原因はあまりよくわかっていません。

 

 

私の経験上ですが、脊柱管狭窄症の方は「首がズレて」います。

 

 

そしてその首のズレの影響で上半身(胸椎)と下半身(腰椎)に、雑巾絞りのような「捻れ」が生じ(ズレも生じます)、その「捻れ」が脊柱管を圧迫してしまうため、狭窄が生じると考えています。

 

 

ポイントは「上半身と下半身の捻れ」です。

 

 

つまり、例えば上半身は左に、下半身は右に、というようにそれぞれが逆方向に体が捻れてしまっている、ということです。

 

 

仰向けになって寝ていただくと、その状況がわかりやすいです。

 

 

改善方法としては、首のズレ、胸椎のズレ、腰椎のズレを取って「捻れを解消する」ということになりますので、首、胸椎、腰椎の矯正がとても大事になってきます。

 

 

もちろん、一度で捻れが解消される訳ではありませんので、何度か施術していく必要はありますが、施術回数に比例して症状がよくなっていくことを経験しているため、おそらくこの理論は脊柱管狭窄症を改善する有力な理論の一つと言えるのではないかと考えております。

 

 

ただし、症状の程度にもよりますので、全てではありませんが。

 

 

症状の程度によっては手術をしないで済むケースがありますので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

 

お困りの方のお役に立てたら幸いです。

 

コメントを残す