目黒駅前1分(目黒西口マンション内)。首こり、痛み、しびれ、腰痛、頚椎矯正専門の整体院です。

膝の痛みには「太ももの内側の筋肉」も関係しています

こんにちは。品川区目黒駅前「薬剤師の整体院YAJIMA」の矢島です。

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

先日、膝の痛みについて記事を書きましたが、その時は太ももの前側の筋肉や外側の筋肉が膝の痛みに関係していることをお伝えしました。

 

 

今回お伝えするのは、太ももの内側の筋肉も膝の痛みに関係する、ということです。

 

 

<縫工筋(ほうこうきん)>
縫工筋

 

 

<薄筋(はっきん)>
薄筋

 

 

<大内転筋(だいないてんきん)>
大内転筋

 

 

上記以外にも太ももの内側の筋肉はありますが、これらの筋肉を見ていただくと膝の内側に付着しているのがお分かりいただけると思います。

 

 

そのため、これらの筋肉が張ってしまうと膝の動きにも影響が出てきます。

 

 

太ももの内側の筋肉が張っている時は「腰も張っている」

そして、これらの筋肉が張っている時は、たいてい「腰も張って」います。

 

 

つまり、太ももの内側の筋肉が張って膝が痛い時は、「原因は腰の方にある」と考えると改善までの時間が短くなります。

 

 

実際、先日来られた60代の女性の方は、「急に足が付けないくらい膝が痛くなってしまった」とのことだったのですが、触ってみると、太ももの内側の筋肉がものすごく張っていました。

 

 

そこですぐに腰を確認してみると、腰もかなり張っていて「腰の痛みも自覚があった」とのことでした。

 

 

あのまま膝だけを診ていたら、治るまでにもっと多くの時間がかかってしまったかもしれませんが、幸いにも数回の施術で改善することができました。

 

 

「木を見て森を見ず」ということにならないようにしなくてはいけない、と感じる一症例でした。

 

 

また、50代の女性の方は、普段は膝が痛くなることはないとのことですが、「左の腰があまりにも痛くなると左膝の内側が痛くなる」とのことです。

 

 

これも上述した「腰と膝」の関係を表している事例だと思います。

 

 

059cf4b2e83383f331741a9094985fdb_s

 

 

膝の痛みには「冷え」も関係している

一方、今の時期のように寒い季節で膝が痛くなる時には、「冷え」も関係してきます。

 

 

体が冷えるということは、血流がよくないということですので、患部にも血液が流れていないということになります(少し乱暴な言い方ですが)。

 

 

そのため、筋肉も硬くなり、それによって関節の動きが悪くなり(関節は筋肉によって動かされるので)、動き出しなどで膝に痛みを感じる、ということになります。

 

 

こうした冷えによる膝の痛みの場合は、膝を温めることが一番の治療になりますので、サポーターでもいいですし、保温性の高いタイツでもいいですし、膝を温めるようにしてください。

 

 

膝の痛みでお困りの方は、原因には様々なことが考えられますので、まずは一度ご相談ください。

 

 

 

 

◉当院のご案内◉

首コリ、痛み、しびれなら

品川区目黒駅前(目黒西口)「薬剤師の整体院YAJIMA」

品川区上大崎2-24-13目黒西口マンション1号館401

【平日】11:00-21:00(最終受付20:00)

【土曜】11:00-19:30(最終受付18:30)

【休診日】日曜・祝日・第1月曜

*JR山手線目黒駅から徒歩1分、東急目黒線目黒駅から徒歩2分

*品川区、目黒区、世田谷区など幅広いエリアからご来院いただいております

 

●当院では24時間WEB予約を受け付けております。

24時間WEB予約はコチラ

24時間LINE予約はコチラ

 

●当院は予約制ですが、電話受付もしております。

TEL:03-6431-8370

*お電話に出れない時は留守電に「お名前」、「予約ご希望日時」、「お電話番号」をお伝えください

 

●「こんな症状も対応できるの?」などのご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ

 

 

コメントを残す