めまいの方のその後は?

先日、「めまいと首の関係」についてブログを書きましたが、その時にご紹介した30代の女性の方のめまいの経過です。


この方は「グルグル回る」タイプのめまいでした。


117829


めまいが辛くて当院に来られたのですが、二度目のご来院の時に、施術後のめまいの具合をお聞きしたら「めまいはあれからありませんでした」というお返事でした。


教育関係の仕事をなさっている方でしたので、春休みということもあり、そのせいでめまいが出なかった可能性も否定できないと思っておりましたが、三度目にご来院された際に「通常通りの業務が再開してからもめまいは起きていない」ということをお話ししてくださいました。


実際、その方の頭皮を触ってみても一度目とは比べものにならないくらい頭皮が柔らかくなっていました。


肩コリもまだコリは残っているものの、だいぶ柔らかさが出ていましたので、首、頭、肩、耳周りの血流がよくなり、筋肉の張りも取れてきていることがめまいの改善につながっている可能性があります。


一方、上述した方とは別の30代の男性で、先ほどの女性の方とは違うタイプのめまい、どちらかというと私が経験しためまいに似たようなめまい(浮遊性のめまい、フワフワしている、頭がグワンと一瞬回る)の方もご来院されています。


117828


ご来院されてから4、5回目くらいになりますが、この方のフワフワするようなめまいもだいぶ改善されました。


こちらの男性の方も一番初めに来られた時は、頭皮がかなり硬く、また耳周りもだいぶ硬かったのですが、何度かご来院されていくうちに、その辺りはだいぶ改善されてきています。


ただ、まだ一瞬グワンとするめまいは時々出るようで(私もそうでしたので状態はわかります)、そういう時は肩もだいぶ凝っているようです。


また、この男性の場合は、メンタル的な要素も関係している感じがします。精神的なものとめまいも関係性がありますので。


まだまだ症例数は少ないですが、「首とめまい」については、今回ご紹介したようなある種のめまいに関しては関係性があると言えそうです。


めまいでお悩みの方は、まずは耳鼻科や脳外科で検査をしてもらい、それでも「異常がない」と診断された場合には首との関連性を疑ってみてもいいかもしれません。


その際はお役に立てるように全力で頑張ります。





コメントを残す