めまいにも首のズレが関係しています

皆さんはめまいを経験したことはありますか?


8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s


私はあります。と言いますか、それがきっかけでこの世界に飛び込むことになりました。


私の場合は「浮遊性のめまい」というもので、歩いていても地面がフワフワした感じで、「あれ?!今地震があった?」というような一瞬「クラッ」とくるような感覚です。


当時は頭を輪っかで締め付けられているような頭痛や頭重感が常にあり、夕方になるとダルくて何もできなくなるような感覚に襲われていました。


もちろん、首(特に前側)も肩も凝っていました。


私の浮遊性めまいの主な原因は、慢性疲労とストレスでしたが、脳に異常があって生じる場合もあります。


一方、めまいと言えば皆さんがすぐに想像できるのは「回転性のめまい」の方ではないでしょうか?有名なメニエール病はこれに分類されます。


回転性めまいには大きく分けて2種類あります。


メニエール病:回転性のめまいに加えて、難聴や耳鳴りを併発する

良性発作性頭位変換性(りょうせいほっさせいとういへんかんせい)めまい:起き上がった時や横になる時など、体の体勢を変えた時に起こることが多く、難聴や耳鳴りもなく、吐き気も伴わない


これらの回転めまいでは見ているものが回ったり、自分自身が回っているような感覚になり、多くの場合、原因は「耳」に問題があります。


メニエール病の場合は「内耳(ないじ)」に、良性発作性頭位変換性めまいの場合は「内耳の耳石(じせき)」に問題があると言われています。


こちらが耳の中の構造です
illust05
*「めまいナビ(menai-navi.com)より引用


メニエール病の場合は、「内耳」というところにリンパ液が溜まることによって起こると考えられています。
illust07
*「めまいナビ(menai-navi.com)より引用


良性発作性頭位変換性めまいの場合は、内耳の中でも「耳石器(じせきき)」と呼ばれるところで耳石が剥がれ落ち、それが体のバランスを取る三半規管(さんはんきかん)に入り込むことが原因で起こると考えられています。
illust06
*「めまいナビ(menai-navi.com)より引用


長々と前振りを記載してきましたが、こうしためまいにも「首のズレ」が関係している場合があります。


脳にも異常がなくて、耳にも異常がないのにめまいがある、という場合の多くは、首のズレが関わっていることがあります。


それは上部頚椎のズレがあるために、頭部への血流が悪くなってめまいが起こると考えられます。そして、めまいのある方は耳を含めて耳周りが非常に硬いのが特徴です。


実際、先日来られた患者さんで、グルグル回る回転性のめまいがあるのに耳鼻科では異常なし、と診断された方がいらっしゃいました。


その方も、案の定、頚椎の上部にズレがあり、また耳周り、特に耳の後ろが非常に硬くなっていました。当然のことながら頭皮もガチガチでした・・・


その方が先日二度目のご来院をされたので、めまいがどうだったかお聞きしたところ、「めまいは大丈夫でした!」とおっしゃってくださいました。


とても安堵したのと同時に、とてもうれしかったです。まだまだ耳周りも頭皮も硬いので、安心はできませんけど・・・


ただ、その方のご職業が教育関係のお仕事なので、春休みで通常よりも仕事量が少なかったからとも考えられなくもないのですが・・・


それでも、浮遊性のめまいがあった別の方々も「最近めまいはなくなった」とおっしゃっているので、首のズレとめまいには関連性があると考えています。


もう少し症例数が増えてくれば、ある一定の法則が出せるのかもしれません。


それまでコツコツと実績を積んでいきたいと思います。



コメントを残す