外出先でもできる肩コリストレッチ:その3

前々回前回と外出先でもできる肩コリスト
レッチをお伝えしてきましたが、今回はまた
違うやり方です。


今回は少し難しいかもしれませんが、やって
みてください。


いずれのストレッチもポイントは「肩甲骨を
動かす」ということです。肩甲骨を動かすと
肩周りの筋肉が柔らかくなり、肩コリも楽に
なります。よく「水泳をやると肩コリが楽に
なる」というお話しを聞いたことはありませ
んか?それはクロールにしろ、平泳ぎにしろ、
肩甲骨を動かしながら泳ぐことで、肩周りの
筋肉が柔らかくなるからです。


「肩甲骨を意識しながら」動かす、というの
を心がけてください。


肘曲げ肩甲骨回しストレッチ

手のひらを「パー」にした状態で肘を90度
に曲げ、肘を肩のラインまで挙げます。
IMG_0487


この状態で肩甲骨が動くのを意識しながら、
肩甲骨を「後ろ回し」に回します。
IMG_0486


この時、「大きく回す」のと「小さく小刻みに
回す」のと2パターンでやってみてください。
それぞれ違うところが動かされるのがわかる
と思います。


それから、手のひらは「パー」にしてやる、
とお伝えしましたが、それはなぜでしょう
か?試しに「グー」にして回してみてくだ
さい。どこが動きますか?


おそらく、肩甲骨ではなく、腕だけが回ってい
ると思います。肩甲骨を回すためには「手のひ
らをパー」にすることが大事だということがわ
かっていただけたでしょうか?


ストレッチはただやればいいというものではあ
りません。どこに働きかけたいか、どこがスト
レッチされているか、を意識することがとても
大事です。そして、それには「フォーム」も大
事だ、ということです。


今回までに全部で3回に渡って外出先でもでき
るストレッチ方法をお伝えしましたが、どれか
一つだけやるよりも3つ組み合わせてお試しい
ただくのが効果的です。


まだまだお伝えしたいストレッチ方法がありま
すので、またお知らせしたいと思います。

コメントを残す