ストレッチレッスン その2:股関節とお尻

今回は股関節とお尻のストレッチです。


「股関節は別に痛くないし、お尻も別に痛くないからな」


と思った方も多いと思いますが、ここをしっかり緩めると
腸腰筋の張りが取れ、骨盤の動きがよくなるので、
腰痛予防にはとても効果的です。


また、股関節が硬いということは、骨盤の動きが悪いということ
にも繋がるので、生理痛や生理不順でお困りの方にも有効です。


むくみ、足のだるさに悩む方にもオススメのストレッチです。


股関節はそれくらい重要な場所です。


1.まず、お姉さん座りをします。
スライド1

2.その状態で、上にある足(外側の足)をそのまままっすぐ真後ろに引きます。
スライド2

3.手を床につけたまま、体をまっすぐに起こします。
スライド3

横から見るとこんな感じです。
スライド4

ストレッチされる場所は、まっすぐ足を後ろに引いている方の股関節側と
足を曲げている方のお尻です。


この体勢を作るのが難しい方も中にはいらっしゃると思います。
「どうやったらいいの?」とか「どこがストレッチされるの?」
など、わからない方もいらっしゃると思います。


多少フォームが悪くても、ご自身の中で、
「あぁ、これ気持ちいい!」とか「ここがよく伸びる!」
などの実感が得られれば、それで構わないと思います。


もちろん、それでは正しい部分がストレッチされない可能性がありますが、
それよりもストレッチはやっていて「気持ちがいい!」、「ストレッチされてる!」
と感じていただくことの方が重要だと思います。


詳しいやり方を知りたければ、当院に来ていただいても結構ですし、
スポーツジムのインストラクターの方に聞いていただいても結構ですし、
やりようはいくらでもあります。


ストレッチはまずは実感することです。そして継続することです。


次回はこのストレッチに少しアレンジしたやり方をお伝えします。

コメントを残す