肩コリの真実

最近寒いせいか、肩コリでお困りの方が増え
ています。皆さん、肩コリでお悩みの時はお
風呂や温泉に行ったり、マッサージをしたり
して和らげているのではないでしょうか?


実は、この肩コリには大きく分けて2種類の
タイプがあります。


一つは上述したような「血行不良型」。これ
はずっと同じ姿勢でいるような仕事や生活を
している方であったり、パソコン業務の多い
方に認められるタイプで、温めたり、揉んだ
りすると解消されます。


血行不良が問題となるので、それを改善すれ
ば比較的楽になります。「運動してから肩コ
リがなくなった」などの感想をご覧になった
ことがあると思いますが、それはこの血行不
良が改善されたからです。


ではもう一つのタイプとはどんなタイプで
しょうか?


神経的なコリは温めても揉んでもなかなか解消できない

もう一つのタイプは「神経的なコリ」で
す。これは骨格のズレ、特に頚椎のズレ
によって起こってくるコリです。

頚椎がズレると


上の図のように、ズレた頚椎が神経を圧
迫したり、引っ張ったりしてしまうと、
筋肉が過度に緊張し、硬く張ったり、凝っ
たりしてきます。もちろん、血管も同時
に圧迫するので血流も悪くなります。


こうしたコリや張りは温めたり、揉んだ
りしてもなかなか改善できず、やり過ぎ
ると揉み返しになってしまうことが非常
に多い厄介なコリや張りです。


これを改善するためには頚椎の矯正をし
て「ズレを取る」必要性があります。

頚椎矯正左から_5849

矯正をしてズレを取り除くと、神経的な
コリや張りが取れて筋肉が勝手に緩んで
くれます。あとは血行不良で凝ってしま
ったコリを取り除いていくケアを並行し
て行うことで、肩コリはかなり楽になり
ます。


多くの方は「血行不良型」と「神経型」がミックスしている

私が診させていただいている限りではあ
りますが、多くの方と言いますか、ほと
んどの方はこの「血行不良型」と「神経
型」がミックスした状態です。


神経型の場合もズレた骨が血管を圧迫し
て血行不良が起こるため、「ズレを取っ
た後にしっかりと筋肉を緩める」という
ケアが必要になります。また、体を温め
ることは健康を保つ上では絶対に必要な
ことですので、お風呂や温泉で温めるた
り、体を冷やさないようにすることは言
うまでもありません。


神経的な張りやコリは触ればすぐにわか
ります。そいう時は早めにズレを取り、
圧迫された神経を解放してあげる必要性
がありますので、「これってそうなのか
な?」と思われる方はぜひ一度ご相談く
ださい。


一日も早く辛さから解放されるお手伝い
ができることをお待ちしております。

コメントを残す