生理痛ってなぜ起きる?

私は男性なので生理痛の辛さはわからないのですが、生理痛、生理不順など
に悩む方は非常に多いです。


生理痛の場合、「子宮口が狭い」、「子宮や卵管に異常が見られる」と
いった物理的な問題で起きる場合があります。


また、生理直前から前半くらいまでは子宮内で「プロスタグランジン」と
いう物質が増加し、子宮を収縮させて月経血を外に押し出す役割をしてい
ます。この子宮の収縮が強すぎると、痛みが出やすくなります。


また、この子宮収縮にも関係するプロスタグランジンは痛み自体にとても
関係している物質です。そしてこのプロスタグランジンは、痛み止めに
よって体内での合成を抑えられてしまいます。そのため、多くの方が生理
痛の時に「イブ」や「ロキソニン」という痛み止めを飲むと生理痛の痛み
を抑えることができるのはこのためです。


こうした物理的な問題や生物学的な問題だけでなく、生理痛で悩む方達は

「股関節(腸腰筋)が硬い」
「骨盤の動きが硬い」
「冷え性」


といった傾向があることを経験的に感じています。


そしてこれらに共通して言えるのは、いずれも「血行が悪い」という
ことです。


「股関節(腸腰筋)が硬い」
腸腰筋に関しては以前にもこのブログでお話ししましたが、腸腰筋は
股関節と背骨を前側でつなぎ止める筋肉です。
vb_screenshot-10
*真ん中の丸で囲ってあるのが子宮と卵巣、右の丸で囲ってあるのが
腸腰筋


この筋肉が硬くなると股関節も硬くなるので、腰痛にもなりやすく
なります。
(*詳しくはコチラを参照してください)


骨盤内には子宮や卵巣が入っているため、この腸腰筋が硬くなるという
ことは骨盤内の血行が悪くなっていることになります。


「骨盤の動きが硬い」
また骨盤は正常なら左右均等に動きますが、骨盤がズレてどちらかに傾いて
しまうと動きが悪くなります。骨盤の動きが悪いということは骨盤内の血流
も悪くなってしまうことになります。


この骨盤の傾きも腸腰筋に負荷をかけ、さらに腸腰筋を硬くしてしまうこと
になります。


さらに、生理中は骨盤は開く方向に行きますが、傾いた骨盤だと仙骨の
動きも悪くなっているため、骨盤が開いた時に仙骨が押され、腰に痛み
が生じやすくなります。
vb_screenshot-11
*丸で囲ってあるところが「仙腸関節」という部位で、ここが硬くなると
腰痛になりやすくなります。真ん中の両側に穴が空いている骨が「仙骨」
です。


「冷え性」
また、内蔵は生きていくのに必要不可欠な臓器であるため、ここが冷えて
いると一大事なので血流を内蔵に集めようとします。そのため、生きてい
くのに絶対に必要とは言えない手足の血流を内蔵に集めるので、冷え性の
方は手足が冷たくなってしまうのです。


ということは、冷え性の方は内蔵も冷えていることになります。
ということは、生殖器が入っている骨盤内も冷えていることになります。


骨盤内が冷えているということは血流が悪いということなので、月経血
を外に出すことができず、先ほどお話ししたプロスタグランジンが「も
っと頑張らなきゃ!」とたくさん分泌され、子宮の収縮を強めて月経血
を出そうとします。


そのために、子宮が収縮され過ぎて痛みが出やすくなるのです。


生理痛の痛みの原因には様々な理由がありますが、多くの方に共通して
いるのは

「股関節(腸腰筋)が硬い」
「骨盤の動きが硬い」
「冷え性」


の3つの項目です。


次回はこの解消法についてお話ししたいと思います。
といっても少し和らげる程度ですが・・・

コメントを残す