前かがみすると腰が痛くなるのは、なぜ?

本日来られた患者さん、2人続けて「前かが
み」すると、腰が痛い、との訴えの方がいらっ
しゃいました。


前かがみで腰が痛くなる原因には大きく2つ
あります。


1つ目は「腸腰筋(ちょうようきん)」という
股関節付近にある筋肉が硬くなってしまうこと
です。この筋肉は後ろ側ではなく、前側にある
筋肉で、股関節と背骨を前側でくっつけて背骨
をグッと前側に起こす筋肉です。

vb_screenshot-10
(囲ってあるところが腸腰筋です)


ここが硬くなると前にかがんだ時に、腸腰筋
の収縮が強くなり、痛みを感じやすくなりま
す。


そしてもう一つが「仙腸関節(せんちょうかん
せつ)」というお尻の真ん中にある骨の部分で
す。

vb_screenshot-11
(囲ってあるところが仙腸関節です)


実は、こちらの方が前かがみで痛くなる時には
重要です。この仙腸関節はわずかにしか動かな
い関節なのですが、この部分の動きが悪くなる
と、腰に痛みが生じやすくなります。


さらに、仙骨部分から背骨に向かって、下から
上にくっついている筋肉があります。この筋肉
は何層にもなっているのですが、下から上に向
かって付着することで、背骨を起こす役割をし
ています。そのため、この仙骨部分が硬くなる
と、腰部や腰背部辺りの筋肉も張りやすくなる
のです。

vb_screenshot


前かがみすると、この仙骨部分から背骨に向
かって付いている筋肉が引っ張られるので、
仙骨上の筋肉が硬いと腰に痛みが生じやすく
なり、前かがみが辛くなるのです。


したがって、腰が痛いからと言って腰部ばか
りケアしていてもダメなのです。仙骨と仙腸
関節をしっかりケアすれば、極端な話し、腰
部のケアをしなくてもそれだけで楽になりま
す。


もちろん、これらの状況下では骨格のズレが
大元になっていることは言うまでもありませ
んので、骨格の矯正を行って、筋肉が緩みや
すくなっている状況でケアしていきます。


痛みが強過ぎて腰椎の矯正ができない時は、
先に緩めて骨格が動きやすくなってから矯正
をする場合もあります。


その時、その時の患者さんの状況に応じて施
術のアプローチは変えていきますが、基本的
には骨格の矯正と筋肉のケアは必ず同時にや
る必要性があります。


施術後はストレッチの仕方をお伝えし、セル
フケアにも努めていただきます。そうするこ
とにより、よい状態が長くキープできるので。


お心当たりのある方はぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す