改善症例その5:バネ指

性別:男性
年代:60代
主訴:左手親指を曲げると痛く、曲げたあと右手で戻さないと戻らない

患者さんは床屋のご主人で、くしを持ったり、ひげを剃る時に左手を必ず使うとのこと。
今の状態だとひげを剃る時にどうしても不自由するし、痛い、とのことでした。

バネ指は多くの場合、女性や指先をよく使う方に多い症状で、文字通り、
指を曲げて戻す時に、バネのように「ピーン!」となります。
反対の手で戻さないと戻らないこともあります。

指はもちろんのこと、手のひらにも関節があり、関節があるところには
靭帯があるわけなのですが、そのバネ指になってしまった指や手のひら
の靭帯や腱が硬くなり、動きを制限してしまうことが原因です。

そのため、指の関節の屈筋側(手のひら側)と伸筋側(手の甲側)の筋肉、
靭帯、腱をクリームでよく緩め、さらにその両サイドの靭帯もよく緩めます。

よく緩んだところで関節を動かし、詰まっている関節を楽にします。
時々、「パキッ」と音がしますが、これが一つの目安になります。

手のひら側も同様に、その指に関連する場所の靭帯、腱をよく緩めます。

また、指先をよく使うということは、腕もよく使っていることになるので、
その指に該当する前腕の屈筋、伸筋をよく緩めていくとかなり楽になっていきます。

実際、今回のケースでも前腕はかなり張っていました。

指、手のひら、前腕のケアをし、動かしていただきながら痛みがある場所、
バネ指の程度の変化を観察し、何度か同じことを繰り返しながら緩めていきました。

結果は、すべて元通りになったわけではありませんが、
指を曲げたときの痛み、バネ指の程度はかなり改善されました。

ご本人にも最初に「一度で取り除くよりも、何回かに分けてケアをしていきます」
とお話ししてありましたの「何度かやっていけばよくなりそうだ」と
実感していただけました。

私の経験上、男性の方のバネ指は年配の方が多いようです。
女性もそういう傾向があります。

「バネ指は手術しないと治らない」と言われることもありますが、
やはりオペは怖いものです。

バネ指でお困りの方は、まずは一度ご相談ください。

コメントは受け付けていません。