痛み止めの湿布で胃は痛くなるか?

「湿布を貼ると、胃が痛くなるんじゃないかと思って心配なんです」
と、ある患者さんから質問されたのでコメントします。




結論からいいますと、
湿布を貼っても胃は痛くなりませんのでご安心を。




確かに、みなさんが普段飲む痛み止めと同じ成分が
湿布にも含まれています。




そのため、そういう心配をされる方も
いらっしゃるかもしれません。




飲み薬で痛み止めを飲んだ場合には、
胃が痛くなることがあります。




すべての痛み止めがそういうわけではなく、
痛くならないものもあります。




痛み止めの薬を飲むと、
薬が血液の中に入って全身に回り、
痛いところに運ばれたときに、
痛み止めとしての効果を示します。




そのため、薬は全身を回るので、
痛いところだけではなく、
他のところにも作用してしまうために、
胃が痛いなどの副作用が出てしまうのです。




これは痛み止めに限らず、
すべての薬について言えることです。




*なぜ痛み止めで胃が痛くなるのかについてはまた
後日お話しします。




それに対して、湿布の場合は痛い所に貼るので、
基本的にはその場所でしか作用しません。




もちろんごく一部は、飲み薬と同じように
血液の中に入りますが、
その影響はほとんどないと言っていいぐらいのものです。




そのため、痛み止めの湿布薬や塗り薬の場合には
胃が痛くなるのでは?
という心配をしなくても平気です。




ただし、皮膚が弱い方は湿布でかぶれたり、
塗り薬で湿疹が出てしまうことがありますので、
その辺はご注意を。




ちなみに捻挫や打撲などをしてしまった直後は
炎症が起きて熱を持っているので、
冷やすタイプの湿布がいいですが、
肩が痛い、膝が痛いなどの症状の場合は
冷やすと筋肉が硬くなって逆効果です。




その場合は温める湿布か、
温めも冷やしもしない肌色のテープ剤
にするといいですよ。

コメントは受け付けていません。