今の医療に思うこと・・・

薬剤師の資格を持つ整体師として仕事をしていると、
現在の医療について考えさせられることがたくさんあります。

私は薬剤師ですので、一通り西洋医学を学んできました。

また、西洋医学の観点に立って、
痛みの基礎研究もしてきました。

それらを学んだり、研究している時は、
「手足のしびれ」とか「偏頭痛」とか、
「坐骨神経痛」とか「ヒザ、腰、肩の痛み」とか、
そういったものは薬ではなかなか治らない、
だから手術をするか、もしくは治らないものだ、
と思っていました。

しかし、
整体術でそれらの悩みに対峙した場合、
ものの見事に改善されるケースがとても多いのです。

中には「手術をしないといけない」、
と医者から言われていた方も、
手術しなくてもいいほどに回復したりするケースも
少なくありません。

これって患者さんにもうれしいことですし、
医療費削減の観点からも、国にとってもうれしい話しではないかと思います。

また、整体院に来られる患者さんで、
薬を飲んでいる方にお薬の情報を持ってきていただくと、
「これは必要なのかな?」と思う薬が処方されていることも多いです。
*すべての処方箋ではないので、
くれぐれも誤解のないようにお願いします。


そういう時は、
「このお薬はなくてもいいと思うので、
一度お医者さんに相談してみてください」
とか
「こういうお薬があるので、そちらに代えてもらうように
相談してみるのもいいですよ」
と、アドバイスさせていただいてます。

また、
「お医者さんにお薬を減らしてもらうことが言いづらければ、
他のクリニックや病院に行ってみるのも一つの方法ですよ」
とか
「私の知り合いで医師がいますので、
もしよければそちらを一度受診してみてはいかがですか?」
とお勧めすることもあります。

それをきっかけに薬の量が減った方や、
減っただけでなく、薬をやめられた方もいらっしゃいます。

しかも、そのことで特に身体に異変が起きることもなかったり、
逆に体調がよくなった、という話しも聞いたりします。

すべての人がこのケースに当てはまるわけではありませんが、
こういう事例に出会うと「今の医療って何なんだろう・・・」
と思わずにはいられません。

もちろん、医師は必要だと思って薬を処方していますし、
患者さんも医師には「この薬を飲んでも効いていない気がします」とか
「実はこれ、飲んでないので余ってます」とは、
なかなか言いづらかったりするので、
「じゃあ、いつものお薬を出しておきますね」と言われると、
「はい、お願いします」となってしまうのです。

そうなると、本当は必要のない薬や
もらっても飲まないで捨ててしまう薬が、
ずっと出し続けられてしまいます。

それは患者さんが医師に「言わない」、「言えない」
ために、医師も患者さんから必要な情報が得られないから、
問題ないならこの状態をキープしよう、と
今まで通りの薬を処方するという悪循環でもあるのです。

これが今後もずっと行われ続けてしまうと、
医療費はいくらあっても足りないように思います。

何せ、医療費の7割〜8割は税金で賄われているワケですから。

生活保護のことが取り上げられていますが、
私はそれよりも、このことの方がよっぽど
問題だと感じています。

これを解決するには、医師、薬剤師、看護師、
そして患者さん自身が、もっともっと医療費の
こと、将来に負わされる今の子供達のこと
について、真剣に考えなくてはいけないと
思います。

偉そうな意見で申し訳ありません。


私は整体師として、そして薬剤師として、
患者さんが悩みから解放されるように
「施術」と「健康のアドバイス」をしています。

このブログでも、今後は栄養やサプリメント、
食事などについても書く予定でいますが、
まずは「病気にならないこと」が大切なので、
病気にならないようにするために、
普段のライフスタイルを見直してもらえたら・・・
という思いで書きつづっています。

一つの情報源として参考にしていただけたら何よりです。

そして、結果的にそれによって病気にならなくなったり、
病気になってもすぐ治ったりしていただけたら、
これ以上の喜びはありません。

皆様にとっての「かかりつけ整体院」となれるように、
日々精進してまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。