なぜ、痛み止めには胃薬が必要なの?

先日のブログで少し触れましたが、
なぜ痛み止めを飲むと胃が痛くなるのでしょうか?




病院に行って痛み止めをもらうと、
必ずといっていいほど胃薬ももらいますよね?




これはなぜか?ということを簡単にご説明します。




痛みの原因物質の一つに
「プロスタグランジン」というものがあります。




このプロスタグランジンという物質は、
炎症が起こったり、細菌に感染したりすると体内で作られ、
炎症や感染に対して生体を守るために働くのですが、
一方では痛みを起こしたり、少しの刺激でも
痛みを感じやすくさせたりする作用も持っています。




一般的に皆さんが飲んだり、
湿布を貼ったりするときに使われる痛み止めは、
このプロスタグランジンの合成を抑えることによって
痛みを止めたり炎症を抑えたりしてくれます。




ところが!




実はこのプロスタグランジンは、胃の粘膜を守る、という
とても大切な働きもしているのです。




胃の中は細菌を殺したり、食べ物を消化するために、
とても強い酸が分泌されています。




しかし、この酸が出すぎてしまうと
胃の壁を壊してしまうのです。




それが胃潰瘍という状態で、
自分の胃を自分で壊してしまうのです。




それを防ぎ、胃の粘膜を守る働きをしているのが、
このプロスタグランジンなのです。




そのため、痛み止めを使って痛みの原因物質である
プロスタグランジンが作られるのを止めてしまうと、
胃の粘膜を守ってくれているプロスタグランジンの合成までも
抑えてしまうのです。




痛みの原因のプロスタグランジンだけ抑える、
というような都合のいい話しではないんですね。




どこかを抑えると、必ずどこかにその障害が出てしまいます。




それが副作用というものなのですが、痛み止めの場合は、
本来は胃を守ってくれているものまでやっつけてしまうために
胃が痛くなるわけなので、その副作用を抑えるために
胃薬が処方されるのです。




まあ、副作用を抑えるための薬、ということですね。




最近ではこの胃障害を少なくしたタイプの痛み止めも
開発されています。




一回、二回飲むだけで済む場合は胃薬を飲まなくても、
それほど大きな影響はありませんが、
リウマチの患者さんみたいに、
何年も何年も長く飲まないといけない人たちにとっては、
とても深刻な問題になります。




胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患ったことのある方も、
痛み止めを飲むときには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発予防のために
胃薬を一緒に飲む必要があります。




かなり大雑把に書きましたがこれが痛み止めと一緒に胃薬が出さ
れる理由です。




拙い説明でしたが、お分かりいただけたでしょうか??

コメントは受け付けていません。