知れば知るほど納豆はスゴイ!

皆さんは納豆はお好きですか?


私は大好きなので、よく食べます。
しかも一番好きな食べ方は卵黄入りの納豆です。


実はこの食べ方、とても理にかなっているのです。
それは卵はよく「完全栄養食」と言われていますが、卵黄には
納豆に含まれていない「ビタミンA」や「ビタミンB12」が含まれ
ているので、それらを補うことができるのです。


卵白を除くのは単純にご飯がベチャベチャになってしまうからと
いうこともありますが、卵白に含まれる「アビジン」という物質が
納豆や卵黄に含まれる「ビオチン」や「リジン」と結合して吸収を
阻害してしまうからです。


余談ですが、この「アビジン」による「ビオチン」との結合はかなり
強固で、分子生物学的な研究にも応用されているほどなんです。


ただし、それは「生」で食べる場合であって、卵白を加熱すると卵白中の
アビジンが変性するので(アビジンはタンパク質です。タンパク質は熱に
よって変性します)、アビジンによるビオチンとの結合は弱まります。


なので、目玉焼きや卵焼きを食べてもきちんと吸収されるので大丈夫です。
納豆の上に目玉焼きを乗せて食べるのも大丈夫です。
半熟くらいでも大丈夫です。


なお、ビオチンはよく皮膚疾患の治療に用いられるのですが、そのビオチン
治療をしている方は生卵(生卵白)は避けないといけません。ビオチンの
効果をブロックしてしまうので。


すみません・・・話しが脱線したので戻します・・・


意外と知られていませんが、納豆にはタンパク質が多く、1パック50gには
約8.3gのタンパク質が含まれています。


これが多いか少ないかは牛乳と比較するといいかもしれません。


牛乳コップ1杯約200mlにはタンパク質が約6.8g含まれています。
これはほぼ納豆1パックと同じくらいの量です。


しかし、これはコップ1杯200ml中の量です。そのため、納豆1パック
50gと同じ量で換算すると、乱暴ですがその1/4となるので1.7gしか
ありません。


つまり、納豆の方が遥かにタンパク源としては優れているということに
なります。


さらに、納豆には食物繊維が多く、納豆1パック50gには約3.4gの
食物繊維が含まれています。


これは食物繊維が多いと思われているバナナ1本120gに含まれている
食物繊維約1.3gの3倍近くにもなります。


しかも、水に溶ける食物繊維(便をツルンと押し出してくれます)と
水に溶けない食物繊維(便のかさを増して出しやすくしてくれます)との
バランスもよい優れものです。


さらに、納豆には鉄分(3.3mg)も多く含まれており、100g中で換算する
と牛レバー4mgに迫るほどの量が含まれています。


その他、骨の形成に大事なビタミンKやエネルギー代謝に重要なビタミンB2
も多く、血栓を溶かすナットウキナーゼが含まれていることでも有名です。


このように古来より食べていた納豆は、皆さんが認識しているよりもかなり
優れた栄養食品であることがおわかりいただけたでしょうか?


納豆が苦手でなければダイエット食としてもとてもオススメです。


毎日といわずとも週に2〜3回は食べたいですね。

コメントを残す