忘年会シーズンはタウリンで乗り切る!

そろそろ忘年会シーズンがやってきました。
毎晩飲み会続きの方も多いのではないでしょ
うか?


毎日毎晩飲んでいると、肝臓も疲れてきます。
「飲み疲れ」もしてしまいますよね・・・
そんな時には「タウリン」がオススメです。


タウリンは肝臓に効く!

「タウリン」という言葉は「タウリン◯◯mg
配合!」といったキャッチフレーズでおなじ
みの某製薬会社のCMで聞き慣れている方も多
いと思います。そのCMでは滋養強壮を謳って
いるので「タウリン」と聞けば「元気が出る」
みたいな図式が成り立っている方もいらっ
しゃるかもしれません。


タウリンには「肝臓を助ける作用がある」こ
とが知られています。具体的には肝臓の細胞
を再生するのを助けたり、機能が低下した肝
臓を元に戻したりする作用が確認されていま
す。こうした作用を有することから、日本で
は合成品は医薬品に指定されているため、サ
プリメントはありません。


ちなみに、タウリンはよく「アミノ酸の一種」
と表現されていることがありますが、厳密に
はタウリンはアミノ酸としての構造をしてい
ないので、アミノ酸ではありません。アミノ
酸から合成される「生体内分子」というのが
正しい表現かと思います。


タウリンを得るためには医師の診察を受け、
処方箋を発行してもらい、薬局で調剤して
もらう必要がありますが、血液検査をして肝
臓の機能を現す数値が悪くないと、基本的に
は処方はしてもらえません。ということは、
肝臓が悪い方以外はタウリンを医薬品で摂ろ
うとするのはなかなか難しい、ということで
す。


ただ、タウリンは効きますよ〜。お酒を飲む
前や飲んだ翌日に飲むと、飲み疲れを感じま
せんし、やっぱり元気になります。


では、医薬品以外でタウリンを摂るためには
どうすればいいでしょうか?


ホタテを中心に、貝類、タコ、イカを食べましょう!

健康の秘訣はやはり「食事」にあります。食
事をきちんと取ることが基本です。


タウリンが多く含まれている食材は、タコ、
イカ、サザエ、カキ、ホタテなどの貝類です。
下記に可食部(食べられるところ)100g中
に含まれるタウリンの含有量を示します。

(可食部100g中のタウリン含有量)
サザエ 1535mg(大サイズ約1.5個分、内蔵付き)
xsazae_2.JPG.pagespeed.ic.Kv8OvyFjeY

カキ 1180mg(大サイズ約5個分)
xkakig_1.JPG.pagespeed.ic.Vx5mhRx9Bd

ホタテ 1000mg(大サイズ約1個分、ひも付き)
xhotateh_3.JPG.pagespeed.ic.0crzkb-JSq
*写真は特大です

タコ 870mg(刺身パック約1.5パック分)
xtako_4.JPG.pagespeed.ic.RLSnh2igGO

イカ 770mg(普通サイズ約0.5杯分)
xika_2.JPG.pagespeed.ic.MW7pn32VpY
*貝類はすべて貝殻から取った生の重さです
*写真はすべて「簡単!栄養andカロリー計算
のサイトから引用しております。


100g中ではサザエが一番タウリンの含有量
が多いですが、実際食べる現実的な量とし
て考えると、サザエとホタテがタウリンの
補給源として優秀な食材といえます。しか
し、日常生活的に食べるとなると、サザエ
よりもホタテの方が簡単に入手できますの
で、そういう意味ではホタテが一番入手し
やすくタウリンも摂取できる食材
といえま
す。


それ以外にはカツオ、ブリ、アジ、サンマ
などのいわゆる青背魚にも含まれています。


こうした食材をお酒のおつまみにすると、
悪酔いしにくかったり、二日酔いになりに
くくなります。飲み疲れもしにくくなりま
す。


ただし!飲み過ぎれば二日酔いにもなれば、
飲み疲れもするのも当然です。何事にも
「適量」というものがあります。


「酒は飲んでも飲まれるな」


酒の肴にはぜひホタテを中心に、貝類、タコ、
イカを選んで上の標語を実践しましょう!
と、自分に言い聞かせてます(笑)。

コメントを残す