どうして矯正が必要なの?

肩コリや腰痛を始め、痛みや辛さには必ず原因があり、
それには骨のズレ、特に頚椎のズレが深く関わっています。


たとえば、骨がズレて神経や血管が圧迫されると、筋肉は硬くなります。
その硬くなったところが「痛い」、「辛い」ところです。


そこで、まずはズレた骨を戻す必要性があるのですが、
矯正して骨を戻すだけでは、硬くなった筋肉のコリや張りを
改善するには不十分です。


また、骨を戻さずに筋肉だけ緩めようと思うと、なかなか緩まなかったり、
緩ませるのに時間がかかったりしてしまいます。


そのため、矯正で骨を戻すと同時に、硬くなった筋肉や神経の張りも
緩めていくことが、痛みや辛さの改善には必要なのです。


実際、ズレた骨を戻してから筋肉を緩めていく方が緩むスピードは速いです。


当院では、骨格矯正でズレた骨を戻すと同時に、

「この張りはあのズレから生じているから、ここを緩めよう」
「ズレによるカラダのねじれでここが硬くなっているから、ここを緩めよう」

などといった「明確な意図を持って」硬くなった筋肉や神経の張りを緩めていく
アプローチをしています。


もちろん、全ての痛み、辛さは「ズレ」だけで生じるわけではありません。

たとえば、腕がだるかったり、力が入らなかったりする時はズレとは関係なく、
腕の使い過ぎで疲労物質の乳酸が溜まっているからなので、
その乳酸を取っていきます。
乳酸取り1_5942
*摩擦を防ぐためにクリームを塗ってケアします



「なぜ骨格矯正が必要なのか?」ということをまとめますと・・・

①痛みや辛さの大元となる身体のバランスの崩れやねじれを解消するため
頚椎がズレると、上半身と下半身のバランスの崩れやねじれが生じ、
それにより背中の痛み、腰痛、股関節痛などの様々な痛みや辛さが
引き起こされます。


身体のバランスの崩れやねじれは、首、背骨、骨盤のズレを取り、
その影響で生じた筋肉や神経的な張りを取り除いていくことで
改善されてやすくなります。


②神経的な張りを取るため
筋肉の張りには「筋肉的な張り」と「神経的な張り」があります。
筋肉的な張りは比較的簡単に取ることができますが、神経的な張りは
いくらマッサージをしても取ることはできません。


それはズレた骨が神経に触れたり、圧迫しているため、
筋肉が過度に緊張しているからです。


そのため、神経的な張りを取るには骨格のズレを取る必要性があります。


③しびれやピキーンとくる痛みを取るため
しびれはズレた骨が神経を圧迫しているために生じます。
ピキーンとくる痛みはズレた骨が神経に触れてしまっているために生じます。

こうした症状はズレた骨が原因となっているため、そのズレを取り除き、
さらにズレによって生じた筋肉の張りを取っていくことで多くの場合
解消されやすくなります。



お一人お一人、症状も原因も様々で十人十色です。
そのため、生じている部位、症状などを考えて施術していきます。



痛み、辛さでお困りの方はまずは一度ご相談ください。

コメントを残す