「足を組むから骨盤がズレる」と思っていませんか?

「足を組むから骨盤がズレる」という話しをよく耳にしますが、
皆さんもそう思っていませんか?




実は、「足を組むから骨盤がズレる」のではなく、
「骨盤がズレているから足を組みたくなる」のです。




例えば、骨盤が右に傾いていたとします。
そうすると、下半身は右側にねじれている状態なので、
その状態だとカラダは辛いため、右足を上にして足を組み、
カラダがまっすぐになるように無意識のうちの補正しているのです。




この状態だと、左足を上にして足を組もうとすると、
手で「よいしょ」とやらないと足が組みづらいはずです。




それは骨盤が右に傾いているので、左足を上にして足を組むと、
さらに骨盤が右にねじれる状態になってカラダが辛いからです。




骨盤のねじれは、「首がズレて、背骨がズレて、骨盤がズレる」という
一連のズレの流れがあるため、まずは首から整えて、骨盤も整える、
というのが改善の近道です。




何度か矯正を繰り返し、骨盤がズレにくくなってくると、
足を組まなくても辛くない状態になりますよ。

コメントは受け付けていません。