私が整体師になったワケ その9

前回は気功の師匠のずば抜けた能力に驚き、
「自分の手で人の痛み、辛さを改善するような道を歩みたい」
と強烈に思った、というところまでお話ししました。




もちろん、師匠の才能は持って生まれたものです。




いくら師匠の腕が本物で優れたものであっても、
それはマネしてできるものでもないし、
修行してもこのレベルにまで到達するのは、
不可能な話しだということはわかっていました。




なので、そこに向かおうと思ったわけではありません。
そこは自分でもわきまえていました。




でも何も使わずに(気は扱っていますが)、自分の手だけで、
人の苦痛を取り除くことができるというその神秘性に魅かれ、




「こういうことが自分はしたかったんだ 」




とものすごい衝動に駆られたのです。





その後、そんな僕の気持ちを知った師匠の方から、




「休みの日にでも勉強しに来たら」




と言っていただき、休みの日には
勉強させていただくようになりました。




大学の助手を辞めた後のことは、また改めて詳しく書きますが、
ワケあって実家の会社(薬局)で働きつつ、
整体師の資格を取るために学校に通いながら、
行ける時は毎週のように師匠のところにお邪魔していました。




しかし、実家の会社の仕事が忙しくなり、
半年ぐらい師匠のところに行けない時期がありました。




「一日も早く整体師としてやりたいのに、
何でこんなことをしているんだろう・・・」




「師匠のところに行って勉強したいけど、
今は仕事が忙しすぎて身動きが取れない・・・」




そんな風に現状を嘆き、憂いていた矢先でした・・・




もったいぶって申し訳ありません。
次回の「私が整体師になったワケ その10」をお楽しみに。

コメントは受け付けていません。